ホーム > イベント > NRI学生小論文コンテスト > テーマ詳細/募集要項

テーマ詳細/募集要項

日本から未来を提案しよう!

NRIは、次世代を担う若い皆さんが「自分たちの未来を自ら切り拓いていく」という主体的な意思・責任感を持って、具体的な行動を起こすことが不可欠だと考えています。
第12回目となる今回のコンテストでは、若い皆さんに「我が国の地方が直面する課題を解決する」アイディアを出していただきたく、メインテーマとサブテーマを設定しました。
地方が抱える具体的な課題を採り上げ、それをどのようなイノベーションによって解決に導くかについて、提案してください。皆さんからの斬新な提案をお待ちしています。

テーマ詳細
■ メインテーマ
Share the Next Values!
「地方の課題をイノベーションで解決する。」
■ サブテーマ *次の3つのサブテーマから1つを選択してください。
(1)震災復興 (2)地方創生 (3)地方の産業改革

高校生・大学生の皆さんは、自身が活躍しているであろう2030年ごろの日本がどのような社会になっていると想像しますか?変化が激しく先の予測がつかないこの時代、NRIは皆さんと一緒に、社会をしっかりと見据えながら未来を切り拓いていきたい。この想いから今回の募集テーマを決定しました。“Share the Next Values!”には、皆さんや学校、研究機関、社会の人々と『新たな価値を創造し、ともに分かち合う』という思いを込めています。皆さんの未来に、日本の各地方がそれぞれの特徴を生かした自律的で持続的な社会であることを願っています。

東日本大震災から既に6年が経過、しかし、未だ約12万人もの方々が避難生活を続けています。昨年は、熊本にも大きな地震が起こりました。地震国の日本で、「震災復興」は、継続的に取り組むべき問題です。
また、戦後続いた東京への人口一極集中とグローバル化の進展は、地方の労働力の減少や産業の衰退を引き起こしています。政府においても「地方創生」を重要課題に取り上げ、高齢化・過疎化が進む地方社会の活性化や、農林水産業をはじめとする「地方の産業改革」に向けて、様々な施策が検討されています。
このように日本では、地方ごとに多くの深刻な課題を抱えています。

一方、世界に目を広げると、AI(人工知能),IoT(モノのインターネット)、Fintech(フィンテック:金融分野における新技術導入)など、IT(情報技術)を中心とした革新的な技術が、産業や社会を大きく変えようとしています。技術だけでなく、制度や社会の仕組み、ビジネスモデルなどに関しても、従来なかった革新的な考え方や手法(イノベーション)が続々と生まれており、様々な課題を解決する手段として注目されています。

そのような「イノベーション」によって、上で取り上げたような、我が国の地方が直面する課題を解決するアイディアを募集します。
下記の3つのサブテーマから、1つを選択してください。

  1. (1)震災復興
  2. (2)地方創生
  3. (3)地方の産業改革

選択したそのテーマに沿って、地方が抱える具体的な課題を採り上げ、それをどのようなイノベーションによって解決に導くかについて、提案してください。皆さんからの斬新な提案をお待ちしています。

募集要項

募集要項PDF版(817KB)

<スケジュール>

募集期間 高校生の部 2017年7月3日(月)~9月11日(月)
大学生の部 2017年7月3日(月)~9月4日(月)
入賞論文の発表・
表彰
入賞論文の発表前 大賞・優秀賞入賞候補者(グループでの応募の場合は代表者)に電話で連絡
12月22日(金)
  1. (1)最終審査会にてプレゼンテーション実施(グループで参加した場合は、1名以上の参加が必須)
  2. (2)大賞・優秀賞入賞者決定、および表彰式実施
  3. (3)大賞・優秀賞・奨励賞の全入賞論文タイトルと執筆者をホームページに掲載

※(1)および(2)の会場は、東京となります


<大学生の部>

テーマ

■ メインテーマ
Share the Next Values!
「地方の課題をイノベーションで解決する。」
■ サブテーマ *次の3つのサブテーマから1つを選択してください。
(1)震災復興 (2)地方創生 (3)地方の産業改革

応募資格

日本国内の大学院、大学、短大、高等専門学校(4~5年)に在籍している学生で、2017年7月2日時点で27歳以下の、個人または5名までのグループ(グループ員は、大学生の部、高校生の部の応募資格者のいずれでも可)。

  • ※大学進学をめざして勉強している大学受験資格を持つ学生の方は、大学生の部にご応募ください。
  • ※日本国内の大学院、大学、短大、高等専門学校(4~5年)、日本語学校に在籍している留学生で、2017年7月2日時点で30歳以下の方は、大学生の部にご応募ください。
[大賞 1作品]賞金50万円、[優秀賞 2作品]賞金25万円、[奨励賞 若干]賞金5万円
字数 4,500~5,000字(別途、400字程度の要約をつけてください)

<高校生の部>

テーマ

■ メインテーマ
Share the Next Values!
「地方の課題をイノベーションで解決する。」
■ サブテーマ *次の3つのサブテーマから1つを選択してください。
(1)震災復興 (2)地方創生 (3)地方の産業改革

応募資格 日本国内の高校、高等専門学校(1~3年)に在籍している学生、もしくは日本国内の中学校の3年に在籍している学生で、2017年7月2日時点で20歳以下の、個人または5名までのグループ(グループ員は、高校生の部の応募資格者に限る)。
[大賞 1作品]賞金30万円、[優秀賞 2作品]賞金15万円、[奨励賞 若干]賞金3万円
字数 2,500~3,000字(別途、200字程度の要約をつけてください)

<応募に際しての注意事項>

  • ご応募いただく論文は、日本語で執筆された、自作で未発表のものに限ります。
  • 「コンテストホームページ」にある「応募用紙」をご使用ください。
  • 論文の中で、他の著作物を引用する場合は、その箇所を明記するとともに、論文の最後に出所を記載してください。
  • 論文に独自タイトル、要約がないものは審査対象外になります。
  • 図表中の文字、および図表のタイトル、注釈や、参考文献一覧は、字数に含みません。なお、図表の数は5つ以内としてください。
  • 審査を通過して最終審査に残った方は、2017年12月22日㈮の最終審査会でプレゼンテーションをしていただくことになります。(グループで参加した場合は、1名以上の参加が必要)
  • 最終審査会のプレゼンテーションの映像の内容を確認した上で、YouTube で公開する予定です。
  • 応募論文の著作権は、野村総合研究所に属することをご了承ください。
  • NRI グループ社員の家族は応募できません。
お問い合わせ先

「NRI学生小論文コンテスト2017」事務局

住所
〒194-0022 東京都町田市森野1-34-10(スクールパートナーズ内)
E-mail
contest2017@nri.co.jp