ホーム > イベント > NRI学生小論文コンテスト > 審査

審査

審査のプロセス

入賞論文を決定するまでには、予備審査、1次審査、2次審査、論文最終審査、最終審査会という5つのステップがあります。

事務局での予備審査の後、一定の基準をクリアした論文がNRIグループの社員による1次審査に進みます。1次審査で評価が高かった20数点の論文が2次審査に進み、論文最終審査で入賞論文が確定します。
大賞・優秀賞・奨励賞のいずれになるかは、最終審査会におけるプレゼンテーションで決定します。

最終審査会以外は、どの審査においても、学校名、氏名などの応募者属性を秘匿し、厳正に行います。また、規定の評価基準に基づいてそれぞれの応募作品を複数の者が評価し、評価の偏りを抑えるようにしています。

評価基準

  • テーマと論点の整合性
  • 問題発見力
    • ○独自性・斬新さを持った問題の提起がなされているか
    • ○論点に対する切り口の鋭さ、考察の深さ
    • ○具体例、数値を使用するなど論点のわかりやすさ
  • 問題解決力
    • ○提案や解決策のスケールの雄大さ、視野の広さ
    • ○提案や解決策の独自性・実現性
  • 文章力
    • ○論文構成のわかりやすさ
    • ○文法の正しさ、誤字・脱字の少なさ
  • 上記には該当しない評価点
    • (これまでに評価された点の例)
    • ・テーマや提案内容に対する熱い想い
    • ・独自の調査・取材
    • ・体験談

審査委員会

審査委員会は、本コンテストの2次審査、論文最終審査および最終審査会を行う機関です。最終審査会については、当メンバに加えて数名のNRI役職員が参加します。
NRI未来創発センター長の桑津浩太郎研究理事を審査委員長とし、ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授の池上彰氏、ノンフィクションライターの最相葉月氏という2名の特別審査委員と、NRI社員数名の審査委員から構成されます。

特別審査委員

池上 彰(いけがみ あきら)氏
池上 彰氏

1950年、長野県生まれ。1973年、NHKに記者として入局。松江、呉での勤務を経て、東京の報道局社会部。事件、事故、災害、消費者問題、教育問題等を取材。首都圏向けニュースキャスターを経て、1994年から11年間、「週刊こどもニュース」の"お父さん"。2005年4月に独立。現在は、ジャーナリスト、名城大学教授、東京工業大学特命教授。

主な著書に、『伝える力』(PHPビジネス新書)『池上彰の現代史授業――21世紀を生きる若い人たちへ シリーズ』(ミネルヴァ書房)、『知らないと恥をかく世界の大問題』(角川SSC新書)、『池上彰教授の東工大講義』(文春文庫)、共著『大世界史』(文春新書)などがある。

メッセージ

毎年「NRI 学生小論文コンテスト」の審査に参加し、若い世代の方々の新鮮な発想に触れています。審査では応募した人の属性が一切明かされないので、論文を読めば読むほど「これを書いたのはどんな人だろう?」「実際に顔を見てみたいな」という思いが強くなります。実際に表彰式で受賞者の方たちとお会いできる本コンテストの審査は、私にとって毎年の楽しみであり、自身の勉強にもなっています。

最相 葉月(さいしょう はづき)氏
最相 葉月氏

1963年東京生まれ。関西学院大学法学部卒業後、会社勤務などを経てノンフィクションライターとなる。1997年『絶対音感』(新潮文庫)で小学館ノンフィクション大賞。2007年『星新一 一〇〇一話をつくった人』(新潮文庫)で大佛次郎賞、講談社ノンフィクション賞などを受賞。科学技術と人間の関係性、災害、精神医療などを中心に取材活動を行う。

他に『青いバラ』『東京大学応援部物語』『セラピスト』(以上新潮文庫)、『ビヨンド・エジソン』(ポプラ文庫)、『れるられる』(岩波書店)、『最相葉月 仕事の手帳』(日本経済新聞出版社)、『調べてみよう、書いてみよう』(講談社)、『ナグネ 中国朝鮮族の友と日本』(岩波新書)、『東工大講義生涯を賭けるテーマをいかに選ぶか』(ポプラ社)などがある。

メッセージ

ITの進歩により、人間の思考方法がある一定のフレームに意見をおさめ、要約する方向に進んでいるという説があります。そこで一番にそぎ落とされるのは、行間を読む、沈黙する、相手の言葉を正しく聴くといった「情緒」や「感性」に関わるものです。日本や世界が抱える課題の解決には、政治的な方法以外に、人と人との関係性における「情緒」や「感性」に支えられた想像力が大切な要素であることを、論文を書く際にはぜひ強く意識してほしいと思います。