運用基盤のクラウドサービスmPLATがMicrosoft Azureに対応

2017年03月07日
株式会社野村総合研究所

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、情報システムの統合運用機能をクラウドで提供する「mPLAT(エムプラット)*1」に、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure*2(以下「Azure」)」との連携機能を追加しました。

企業でパブリッククラウドを利用することが本格化していますが、課題の一つとして、自社の既存システムとの連携があります。例えば、基幹系システムは既存環境のままとしながら、情報系システムをパブリッククラウドに移管する場合、それぞれのシステムを連携して運用する必要があります。システム部門は、それぞれの環境について、システム監視やジョブスケジュール、運用プロセスなどを統合的に管理することが求められます。

このような課題を解決するために、mPLATはAzure上で構築されたシステムと連携できるように運用機能を強化しました。今回、Azureと連携するのは、運用の自動化を実現するmPLAT/SOP(Self Operation Platform)と、運用プロセスを管理するmPLAT/SMP(Service Management Platform)の2つのサービスです。

mPLAT/SOPは、主にシステム監視やジョブスケジュール管理、オペレーションの自動化を行います。Azureの各種サービスとの監視連携および、IT管理ソリューション Microsoft Operations Management Suite(以下「OMS」)との連携などにより、統合管理を実現します。

mPLAT/SMPは、運用プロセスの管理、およびインシデントや問い合わせの管理を行います。既存環境とAzure環境において、運用プロセスが異なっていても、mPLAT/SMPによって一元的に運用プロセスを管理することができます。また、mPLAT/SMPに蓄積されたインシデント情報などをOMSに連携することにより、運用状況の可視化と継続的改善に向けた分析を可能にします。

  • *1mPLAT(エムプラット):NRIが開発および提供している統合運用管理ツール「Senju Family」をベースに構築した運用基盤を、クラウド型で提供するサービスです。
  • *2Microsoft Azure:マイクロソフト社が提供するパブリッククラウドサービスです。
    ※ Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

お知らせに関するお問い合わせ

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 松本、海藤

TEL: 03-5877-7100

E-mail: kouhou@nri.co.jp

mPLATに関するお問い合わせ先

株式会社野村総合研究所 クラウド運用ソリューション事業部 松本、寺井

TEL: 045-336-6490

E-mail: senjuinfo@nri.co.jp

URL: http://senjufamily.nri.co.jp/

Copyright (c) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved.

一覧に戻る

ニュースに関するお問い合わせ

株式会社野村総合研究所
コーポレートコミュニケーション部

TEL:
03-5877-7100
(移転に伴い変更となりました)
E-mail:
kouhou@nri.co.jp