NRIデータサービス


News Release
NRIデータサービスとネットワールド
ユーティリティコンピューティング基盤の運用実現性を実証

~ 運用管理ツール「eXsenju」と仮想マシンソフト「VMware製品」の実証検証を完了 ~

2005年4月20日
NRIデータサービス株式会社

 NRIデータサービス株式会社(本社:横浜市保土ケ谷区、代表取締役社長:大野 健、以下「NRIデータサービス」)と株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村康彦、以下「ネットワールド」)は、ネットワールドが扱う米国VMware社の仮想マシンソフトウェアとNRIデータサービスのシステム運用管理ツール「eXsenju」(エックスセンジュ)との組み合わせによる、ミッションクリティカルな環境下でのユーティリティコンピューティング実現に向けた共同実証検証を行い、その実現性を実証しました。

 ユーティリティコンピューティングとは、コンピューティング資源をユーティリティ(電気・ガス・水道)のように、必要に応じて必要な分だけ効率的に利用することを言いますが、この実現のためには仮想化技術が重要な役割を果たします。
 仮想化技術は、コンピュータ上でソフトウェア(OS、アプリケーションソフト)が占有するリソース量を状況に応じて柔軟に変更することを可能とするため、例えば、企業などにおいて、ソフトウェアサービスの常時安定したレスポンスを期待することができます。
 これまで仮想化技術は、システム開発の現場やそのテスト環境などで多く利用されておりましたが、今回、NRIデータサービスとネットワールドが共同で実施した実証検証では、実際の企業やデータセンターなどでの使用を想定したミッションクリティカルな環境下において、VMware社の仮想化技術で作られたユーティリティコンピューティング基盤を稼働させ、これをeXsenjuで運用管理し、運用サービスの有効性を検証するというものです。その結果、現行の運用サービスレベルを十分実現できることを実証しました。
 この結果を受けNRIデータでは、eXsenjuにおいてVMware 製品上で稼働するOSを稼働環境に加えることにしました。これによりさらに様々なビジネスニーズに対して、ユーティリティコンピューティング基盤の提供を可能とすることを図ります。
 今後、NRIデータサービスの運用管理ノウハウと、ネットワールドの仮想プラットフォームに関するコンサルティングサービスなどを組み合わせて、ユーティリティコンピューティング基盤の運用管理ソリューションを共同で提供していく予定です。



コンピューティング資源
  コンピュータ、ネットワーク、ストレージ等の総称
ユーティリティコンピューティングとは
  コンピューティング資源をユーティリティ(電気・ガス・水道)のように、必要に応じて必要な分だけ利用するといった考え方です。企業のコンピュータは、多くの場合、処理能力の最大値を想定して構築されており、通常利用されているコンピュータ資源は全体の半分以下というのが実情です。そこで、通常は使われていない資源をネットワーク経由でひとつにまとめ、大量の処理が必要な場合は複数台の処理能力を統合して利用するなど、柔軟で効率的な処理能力の運用が実現するのがユーティリティコンピューティングです。



【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
NRIデータサービス株式会社 千手サービス事業部 大方(おおかた)
TEL:03-5201-0574 E-mail: j-ohkata@nri.co.jp

株式会社ネットワールド マーケティング本部 MARCOMグループ 蔦谷(つたや)
TEL:03-5210-5187 E-mail: ctsutaya@networld.co.jp

《ご参考》

■ VMwareとeXsenju製品の販売について
【1】 販売価格 (税別)  
  eXsenju :50万円より
  VMware製品(ハイエンドサーバ用) :77万円より
【2】 販売時期:販売中  
  ※VMware製品に関してはネットワールドおよび同社の販売パートナー、eXsenjuに関してはNRIデータサービスおよび同社の販売パートナーより販売中



■ 「eXsenju」について
 eXsenjuは、1994年11月よりNRIデータサービスが開発・販売している統合運用管理ツール「千手ファミリー」の最新版です。NRIデータサービスは、ユーザーのさまざまなシステムをデータセンターで運用するサービスの提供を通じて、現場で培われた運用管理ノウハウに基づき製品化したのが最新版の「eXsenju」で、「モニタリング」「ジョブスケジュール」「サービスレベル管理」「ソフトウェア配布」の4つの、サーバ運用に必須のサブシステムを提供します。
 「千手ファミリー」は、累計5,444サイト/50,034サーバ(2004年3月末時点)の導入実績があります。


※eXsenju製品に関する情報は、http://senjufamily.nri.co.jp/ をご覧ください。



■ 「VMware」製品について
 VMware製品は、一般的なIntelアーキテクチャのコンピュータにインストールして、1台のコンピュータに複数のOS環境を構成可能にします。企業イントラネットの全サーバを単一サーバに設定したり、サーバ数を削減してネットワークサービスをコピーすることも可能です。これにより、アプリケーションの安全性と独立性を確保しながら、ハードウェアにかかる費用や管理費用を削減できます。
 また、仮想マシン環境を統合管理するツールや、稼動中システムを停止させることなく、サーバ間で仮想マシンを移動させることができるツールも用意されております。


※VMware製品に関する情報は、http://www.networld.co.jp/vmware/main.htm をご覧ください。



■ ユーティリティコンピューティング基盤のソリューション例
仮想技術によるユーティリティコンピューティング基盤では、以下のようなソリューションを実現可能です。今回の実証検証は、これらの環境を想定して実施しました。

(1) レガシーマイグレーション
  古いOS、アプリケーションの延命が可能になります。さらに、リース切れなどにより新しいハードウェアに移行する際に障壁となるドライバ未対応問題も解決します。たとえば、Windows NT 4.0 Serverとその上で動作するアプリケーションを最新ハードウェア上で稼動することができます。
(2) ディザスタリカバリ
  仮想マシン環境上にシステムを構築することによって、仮想マシン(データはファイルへ格納)のコピーにより、新サーバを迅速に構築できるなど、管理面でもスケーラビリティが向上します。また、仮想マシン(データ)をストレージ上で共有することにより、障害時にオペレーティングシステムのイメージごと、別のハードウェア上で迅速に復旧す事ができ、業務の停止時間を大幅に短縮することが可能です。
(3) 開発テスト環境
  仮想マシンを利用する事で、複数テスト環境を1台で実現でき、開発とテストサイクルを大幅に削減することが可能です。
(4) サーバ統合
  複数のサーバを1台の高スペックなサーバに統合することにより、ディスクやUPSなどのハードウェアを削減し、電力、設置スペース、ハードウェア保守を含むシステム管理コストをトータルに削減します。
(5) ハードウェアリソースの有効利用
  1台のサーバで稼動する複数の業務を、負荷状況に応じて仮想マシンへリソース配分を変更することで、稼動状況に応じたハードウェアリソースの最適配分を実現します。
(6) プロビジョニングによる構築コストの低減・期間短縮
  VMware製品のテンプレート機能を用いてプロビジョニングを行い、構築コスト低減と納期短縮を実現します。あらかじめOS、ミドルウェア、アプリケーションの典型的な構成をテンプレートとして作成し、基盤テストの大部分を終了させ、プロビジョニング時には、固有の設定追加/変更とその部分に関する追加テストのみ行うだけでテストを終了することができます。
(7) クローニングによるテスト環境の構築
  仮想サーバのクローニングにより、OSのパッチ適用時やアプリのバージョンアップ時のテスト環境、障害原因調査用の検証環境を作成する事が出来ます。仮想サーバのクローニングが、簡便であれば、開発/テスト/検証用環境構築の工数が削減できるとともに、クローンサーバは使い捨てが可能であるため開発/テスト/検証用環境の管理に費やす工数が削減できます。
(8) サーバ性能のスケールアップ
  サーバでの処理量が増大し性能が不足してきた場合、仮想サーバをより高性能な物理サーバにマイグレーションすることにより、OS、ミドルウェア、アプリケーションを再構築することなくサーバ性能をスケールアップし、構築コストを削減することができます。



■ NRIデータサービスについて
NRIデータサービスは、NRI野村総合研究所グループの一員として、グループが長年蓄積した金融・流通分野等でのシステム運用ノウハウをもとに、最新のIT技術を駆使した企業の情報システムの構築から運用までを総合的に提供するシステムマネジメント会社です。




■ 株式会社ネットワールドについて (URL:http://www.networld.co.jp/
株式会社ネットワールドは、先進的な付加価値テクニカル・ディストリビュータとして、ネットワーク・システムに関する製品、ソリューションそしてプロフェッショナル・サービスを提供しています。その広範なサービス、専門性と革新的な新技術への取組みで、IT市場において先進的で複合的なネットワーク・ソリューションの構築をリードしています。




記載されているロゴ、会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です



当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2005 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries : webmaster@nri.co.jp