NEWS RELEASE
「2010年、日本の未来を提案します。」
2010年度までのWeb技術の進展を予測した「ITロードマップ」を発表
~Web2.0/SOA時代の到来に不可欠なリッチクライアント~

2006年5月18日
株式会社野村総合研究所

 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、2010年度までのWeb技術の進展を予測した「ITロードマップ」 ※1を発表します。 Web2.0というインターネットの新たなトレンドや、企業の基幹システムにおけるSOA(Service Oriented Architecture:サービス指向アーキテクチャー)の普及を背景に、Web技術のなかでも、「リッチクライアント」 ※2は豊かな表現力や高い操作性を備えているため、ますますその重要性が高まり、2009年度ごろには一般的な技術として普及し、活用されていくことが予測されます。

リッチクライアントのロードマップ
リッチクライアントのロードマップ


CGUIの進化を支えるリッチクライアント
 Web2.0の特徴を表す考え方の一つにCGM(Consumer Generated Media)があります。CGMとは、ブログやSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など、インターネットの利用者自らが情報を作り公開することを意味します。この動向を踏まえて、NRIでは利用者自らがユーザインターフェース(UI) ※3を作り、公開することを「CGUI(Consumer Generated User Interface)」と呼んでいます。
 CGUIは、サービスの供給側がWeb API ※4というインターフェースを公開していることが必要です。例えば、Yahoo!やGoogle、Amazonなどの企業が自社サービスのWeb APIを公開したことに伴って、Yahoo! WidgetやGoogle Sidebarといったリッチクライアント技術を利用したCGUIが利用者によって生み出され続けています。このCGUIは現在、萌芽期を迎えていますが、Web APIを公開する企業が順調に増えていけば、2009年度には普及すると予測されます。

SOAの普及を支えるリッチクライアント
 これまでの企業情報システムでは、ビジネスロジック ※5とUIは一体となって開発されてきたため、受発注やCRMなどの業務アプリケーションごとにUIは異なり、ユーザエクスペリエンス(ユーザ側の使い勝手)もアプリケーションごとに異なっていました。
 昨今注目されているSOAは、これまで一体だったアプリケーションを「サービス」という単位に分解し、それらの組み合わせによりアプリケーションを構築するアーキテクチャーです。SOAのもとでは、ビジネスロジックとUIも分離されることになり、リッチクライアントを活用することで、UIは特定のアプリケーションに依存することなく統一され、使い勝手を向上させることが可能になります。
 しかしながら、SOAが掲げるビジネスへの高い即応性とリッチな(豊かな表現力と高い操作性を併せ持つ)UIを両立させるには、今のリッチクライアント製品の機能では不十分です。ビジネスに即応するためにサーバ側のビジネスプロセスやビジネスルールを変更しても、現在のリッチクライアント製品では、それらに連動して動作を柔軟に変更する機能がないためです。
 2006年度後半には、ビジネスプロセスやビジネスルールをクライアント側でも実行できるリッチクライアント製品が登場すると予測されます。さらに2008年度には、SOAに対応したサーバ・ソフトウェアと連動し、サーバ側の変更に対してリアルタイムに連動する製品の登場が期待されます。



【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
野村総合研究所 広報部 日下部、小原 TEL:03-6270-8100 E-mail: kouhou@nri.co.jp


2010年、日本の未来を提案します。野村総合研究所(NRI)では、2010年、さらにはその先の日本の社会・産業のあり方についてシリーズで提言していく、「2010年、日本の未来を提案します。」キャンペーンを、2005年9月から実施しています。このニュースリリースも本 キャンペーンの一環として発表したものです。NRIの提案がきっかけとなり、日本の産業界や社会で、未来に向けた夢のある目標づくりが展開されるよう、今後も、ニュースリリース、単行本出版、セミナー開催などを通じて積極的な提案活動を推進していく予定です。


【用語解説】

※1: ITロードマップ
  5年先までの日本の情報技術(IT)のトレンドを予測したNRIの見通し。企業がIT戦略を策定する際の意思決定をサポートすることを目的として、NRIの技術調査部がその時々の注目に値する技術をとり上げ、半期ごとに公表している。
※2: リッチクライアント
  クライアント側に、アプリケーション・プログラムの実行環境を持たせることにより、ウェブブラウザーなどのHTMLクライアント・アプリケーションに比べて、豊かな表現力と高い操作性をクライアントに持たせることができる技術。代表的なものとして、Flashや最近脚光を浴びているAjax(エイジャックス:Asynchronous JavaScript + XML)などが挙げられる。
※3: ユーザインターフェース(UI:User Interface)
  コンピュータがユーザ(人)に情報を伝えるための表示形式や、ユーザがコンピュータにデータを入力するときの操作方法の総称。
※4: Web API(Web Application Program Interface)
  あるウェブサイトのサービスを別のウェブサイトでも利用できるようにするための技術。サービスの提供者によって、インターネット上に公開されるケースが増えている。
※5: ビジネスロジック
  各々の業務に対するシステムの処理手順やルールの取り決め。例えば、ECサイトにおける商品選択から、在庫確認、決済そして配送までの一つ一つの処理の流れを取り決めたもの。



当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2006 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries : webmaster@nri.co.jp