NEWS RELEASE
システム統合運用管理ツール「eXsenju」のバージョン2.5を販売開始
~障害対応作業時間の短縮化などを実現する新機能を追加~

2006年7月5日
株式会社野村総合研究所

 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、システム統合運用管理ツール「eXsenju(エックスセンジュ)」の機能を強化した「eXsenju Ver.2.5」の販売を本日、開始します。

 「eXsenju」は、データセンター事業でのシステム運用業務を支える「Senju Family」の中心的な運用管理ツールです。システム運用の現場では、「自動化」「省力化」「ミスの削減」が求められますが、システム運用管理ツールはこれらを実現するために重要な役割を果たします。「eXsenju Ver.2.5」では、「自動化」「省力化」「ミスの削減」を実現するために、「千手ジョブチャート」「RKVM Controller 連携機能」「グラフモニターからのジョブの稼動実績参照機能」「時間帯別しきい値監視機能」などの新たな機能を追加しています。

 これまで、ジョブ数が数百、数千、数万にもおよぶジョブ設計や定義において、ジョブフローを管理ツール画面で参照するには限界がありましたが、「千手ジョブチャート」を用いることで、定義されたデータをビジネスグラフィックスソフトウェアのVisio形式で管理、参照することが可能となります。
 また、「RKVM Controller 連携機能」では、出力されたシステム障害メッセージからワンクリックで該当する機器の管理画面を表示することができ、障害対応作業時間の短縮化を実現します。
 「グラフモニターからのジョブの稼動実績参照機能」では、リソースが高負荷の時に稼動していたジョブ一覧などをグラフモニター上から容易に確認することができ、モニタリング機能とジョブスケジュール機能のシームレスな連携が可能となります。
 さらに、「時間帯別しきい値監視機能」の搭載により、時間帯別に、監視間隔や、しきい値を変更することが可能となり、夜間に発生する不要なアラート等に対する運用が不要になります。

 「eXsenju Ver.2.5」では、これらの機能の追加だけではなく、以前からご好評頂いている、わかりやすいメニュー構成や統一された画面デザインを一段と洗練させることによって、運用管理現場における、間違いのない確実なオペレーションを支援します。

 「eXsenju Ver.2.5」の価格は最小構成で50万円(税別)から。年間1,000サイトへの導入を見込んでいます。


※ RKVM Controller: Senju Family製品の1つ。1台のコンソールで複数のサーバのKVMP(キーボード・ビデオ・マウス・電源装置)を遠隔操作する装置。



【製品に関するお問い合わせ先】
野村総合研究所 千手インフォメーションセンター
TEL:0120-73658-0 E-mail:    http://senjufamily.nri.co.jp/

【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
野村総合研究所 広報部 潘、小原 TEL:03-6270-8100 E-mail: kouhou@nri.co.jp

【ご参考】

●「eXsenju Ver.2.5」の新機能

1. 千手ジョブチャート

千手ブラウザ、および千手オフライザから出力した千手ジョブ定義データファイルを受け取り、千手ジョブチャートをインストールしたPCで読み込むことにより、Visio図面としてジョブのチャート図を作成します。作成したVisio 図面のチャート図は、位置情報の変更・保存、図面へのコメントの追加などが行えるため、レポーティング、ドキュメント作成などを効率的に行うことが可能です。


千手ジョブチャートの画面イメージ
千手ジョブチャートの画面イメージ




2. RKVM Controller連携機能
RKVM Controllerと連携して、メッセージモニターやグローバルノードモニターから該当ノードのリモートKVMの画面を立ち上げる機能。障害を検知した際、千手ブラウザから該当ノードのサーバ画面をワンクリックで立ち上げることが可能で、迅速な障害対応を実現します。


RKVM Controller連携機能の画面イメージ
RKVM Controller連携機能の画面イメージ




3. グラフモニターからのジョブの稼働実績参照機能
グラフモニターで表示されているプロットの時刻に稼働中であったジョブの一覧を出力します。リソースが高負荷の時に稼働していたジョブ一覧などをグラフモニター上から容易に確認することができ、モニタリング機能とジョブスケジュール機能のシームレスな連携が可能です。これまで、リソースが高負荷な状態で稼働していたジョブ一覧を分析したい場合、該当する時間帯に稼働していたジョブを調べるのに時間を有していましたが、本機能を用いることで、リソースグラフ上から、その時間帯に稼働していたジョブ一覧をワンクリックで表示することが可能です。


稼働実績参照機能の画面イメージ
稼働実績参照機能の画面イメージ




4. 時間帯別しきい値監視機能
設定した時間帯ごとに、しきい値や監視間隔を変更して監視する機能。1台のサーバを複数の用途で使用しているような場合、それぞれの用途に応じて、監視間隔や、しきい値を変更して監視するのに便利な機能です。例えば、1つのサーバを複数の用途で使用している場合、時間帯に応じて監視要件が異なる場合、これまでは夜間のバッチ時間中に発生するアラートを無視する等の対策を運用現場で行っていましたが、この機能により時間帯別に監視間隔やしきい値を変更することが可能となり、夜間に発生する不要なアラート等に対する運用が不要となります。


時間帯別しきい値監視画面イメージ
時間帯別しきい値監視画面イメージ




●「ITサービスマネジメント実践セミナー」のご案内

NRIでは、「eXsenju Ver.2.5」の新機能をご紹介する「ITサービスマネジメントセミナー」を開催します。

ITサービスマネジメント実践セミナー
~システム運用管理の最新事情と課題解決に向けて~


2006年7月21日(金)東京 15:00~17:10
2006年7月27日(木)大阪 15:00~17:10

本セミナーでは、システム運用管理の最新事情と現状の課題をピックアップし、NRIのコンサルタントが、自身の経験に基づいた解決方法をご紹介するとともに、Senju Familyが提供する統合運用管理ソリューションを用いた、運用管理体制に関する問題の解決法をご紹介します。

詳細については、以下のサイトをご確認下さい。
http://www.atmarkit.co.jp/event/campaign/enterprise/sem060721/cont060721.html




当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2006 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries : webmaster@nri.co.jp