NEWS RELEASE
オープンソースソフトウェアをレーティングした
「NRIオープンソースマップ(2007年4月版)」を公開
~ 開発フレームワーク、システム管理ツールを新たに追加 ~

2007年5月23日
株式会社野村総合研究所

 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、企業が今後オープンソースソフトウェア(OSS)の活用、導入を検討する際の選別基準となるように、OSSをレーティングした「NRIオープンソースマップ※1(2007年4月版)」を作成しました。

 今回は、昨年8月に公開した同マップの対象である11のOSS(アプリケーションサーバおよびSOAミドルウエア)に、開発フレームワークやシステム管理ツールなどの17のOSSを新たに対象に加え、2007年4月時点の公開情報をもとに「成熟度」と「プレゼンス」の2つの軸でレーティングを行いました。

【NRIオープンソースマップ(2007年4月版)】
NRIオープンソースマップ(2007年4月版)


レーティング基準
成熟度 プロジェクトの存続期間、コミュニティの活性度、関連ドキュメントの量・種類、リリース回数、品質など
プレゼンス ウェブサイトでの関連用語登場回数、検索サイトでのヒット数、ダウンロード数、サポートを提供しているベンダー数など

 レーティングの結果、前回も高く評価された「JBoss Application Server」「Apache Tomcat」に加えて、今回新たに調査したOSSのうちの「Struts」「Spring Framework」「Hibernate」「Nagios」が、「成熟度」「プレゼンス」ともに企業システムでも十分に機能するOSSとして高いレベルにあることがわかりました。

 また、今後の評価が高まることが期待できるOSSとして、高い生産性を誇るWebアプリケーション・フレームワークである「Ruby On Rails」と、Java EE5※2に対応したアプリケーションサーバ「GlassFish」およびアプリケーション・フレームワーク「JBoss Seam」の3つが挙げられます。

NRIは、今後も継続的に「NRIオープンソースマップ」を更新、公開していくとともに、レーティングの対象OSSを拡大していきたいと考えています。

※1 NRIオープンソースマップ:企業システムで採用された実績がある、あるいはNRIが注目しているOSSを、公開されている情報をもとに、関連ドキュメントの量・種類、リリース回数、品質などの「成熟度」と、ウェブサイトでの関連用語登場回数、検索サイトでのヒット数などの「プレゼンス」という2つの軸でレーティングの上でマッピングしたもの。

※2 Java EE5(Java Platform, Enterprise Edition 5):Sun Microsystems社のプログラミング言語Javaの企業システム構築のための仕様で、2006年5月16日に発表された最新版。

【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
野村総合研究所 広報部 日下部、瀬戸 TEL:03-6270-8100 E-mail:


当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2007 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries : webmaster@nri.co.jp