NEWS RELEASE
「電子マネーに関するアンケート調査」を実施
~ 保有者は全体の約5割、鉄道系電子マネーがシェア拡大の兆し ~

2007年7月20日改訂
2007年7月19日
株式会社野村総合研究所

 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、社長:藤沼彰久、以下「NRI」)は、今年5月、首都圏、東海、近畿、福岡在住の計2,500人を対象に「電子マネー(※)に関するアンケート調査」を実施しました。その結果、電子マネーの保有・利用状況や今後の保有意向が明らかになりました。このほど、本アンケート調査の分析結果をまとめましたので、発表します。(※ここでの電子マネーとは、Edy、Suica、PASMO、ICOCA、PiTaPa、nanaco、WAON、iD/DCMX、QUICPay、Smartplus/Visa Touch、PayPass、JAL ICクーポンを指す)

【全体の約4分の1が買い物に利用】
 今回の調査によると、何らかの電子マネーを保有している人は全体の49.1%いることがわかりました(図1)。また、電子マネーを「交通機関の切符や定期券としてのみ利用」が16.8%、「買い物に利用」は25.1%いました。

 電子マネーを買い物に利用している人に主な利用場所を聞いたところ、コンビニエンスストア(55.7%)と駅構内および駅ビル内の小売店(40.5%)が特に多くなっています(図2)。
さらに、「メイン電子マネー」(普段の買い物などに最もよく利用するもの)を聞いたところ、Edyが最も多い47.5%、次いでSuicaの28.4%となっています(図3)。
 「メイン電子マネー」の選定理由を聞いたところ、Edyをメインに使う人は「その電子マネーしか持っていないから」が32.2%で最も多い回答でした。一方、鉄道系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCA、PiTaPa)をメインに使う人は、その理由として「鉄道やバスなど交通機関の切符や定期券としても使えるから」を挙げる人が72.1%と圧倒的多数を占め、次いで「その電子マネーしか持っていないから」が34.6%でした(図4)。この結果から、今後、名古屋や福岡への鉄道系電子マネー導入に伴い、鉄道系電子マネーが、買い物利用にも使われる「メイン電子マネー」としてシェアを伸ばしていくことが予想されます。
 また、「メイン電子マネー」の形態は、電子マネー単体が全体の35.9%と主流ですが、おサイフケータイなどの多機能型も一定のシェアを占めています(図5)。

【“ご当地”鉄道系電子マネーが人気】
 電子マネーの保有率をエリア別に分析したところ、鉄道系電子マネーにおいては、首都圏でSuicaが53.6%、PASMOが21.3%、近畿でICOCAが18.2%、PiTaPaが11.3%と、そのエリアに導入されているものが優勢でした。
 今後の保有意向についても、エリア別では、PASMOは首都圏の27.4%、ICOCA とPiTaPaは近畿のそれぞれ17.6%、23.6%が「今後持ちたい」と回答し、突出しています。なお、4エリア全体で見ると、nanacoは導入から1ヶ月弱の時点で10.2%の保有意向を獲得しています(図6)。

 電子マネーに今後望むこととしては、「現金やクレジットカードで支払うより多くのポイントがつく」(55.8%)、「もっと多くの場所でチャージできたり、チャージの手間が軽減される」(41.1%)、「電子マネーを盗難・紛失したときに保証が受けられる」(38.4%)が上位に挙がりました(図7)。

 NRIでは今後も、電子マネーの利用動向を追い、利用者や発行企業への提言に役立てていきます。


お詫びと訂正


【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
野村総合研究所 広報部 瀬戸、野村 TEL:03-6270-8100 E-mail:  




【ご参考】

●調査概要
「電子マネーに関するアンケート調査」
実施時期:2007年5月18日~21日
方法: NRIのインターネットリサーチサービスTRUENAVI(http://truenavi.net)を利用
回答者: 2,500人。うち、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)1,000人、東海(愛知、三重、岐阜)250人、近畿(大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山)1,000人、福岡250人。


図1:電子マネーの保有・利用状況(N=2,500)
電子マネーの保有・利用状況


図2:電子マネーの主な利用場所(N=627、最大3つまで複数回答)
※電子マネーを保有しており、かつ買い物に利用している人への質問
電子マネーの主な利用場所

図3:買い物などに最もよく利用する「メイン電子マネー」(N=627)
※電子マネーを保有しており、かつ買い物に利用している人への質問
買い物などに最もよく利用する「メイン電子マネー」


図4:「メイン電子マネー」の選定理由(N=627、最大3つまで複数回答)
※電子マネーを保有しており、かつ買い物に利用している人への質問
「メイン電子マネー」の選定理由


図5:メイン電子マネーの形態(N=625)
※電子マネーを保有しており、かつ買い物に利用している人への質問
メイン電子マネーの形態


図6:電子マネーの保有状況と今後の保有意向(N=2,500)
電子マネーの保有状況と今後の保有意向



図7:電子マネーに今後望むこと(N=2,500、最大3つまで複数回答)
電子マネーに今後望むこと




当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2007 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries : webmaster@nri.co.jp