株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、システム運用管理ツール「Senju Family」の最新バージョン「Senju Family V11」の販売を、本日より開始します。

クラウド・コンピューティングの拡大によって、情報システムの仮想化が進み、システム運用は一層複雑化しています。仮想化によってシステムの集約化・効率化が実現する一方、情報サービスを提供しているサーバなどの機器が物理的に特定されなくなるため、障害発生時にその原因追究がより困難になります。このため、システム運用の状況把握を迅速化することが、改めて重要になります。また、仮想環境に特有の運用業務に対応することや、他の情報システムとインフラを共有することに伴って、運用プロセスの標準化・自動化が必要になります。

NRIでは、こうした仮想環境における運用上の課題を解決するため、システム運用管理ツールの「Senju Family」をバージョンアップし、「障害対応の迅速化」と「運用の標準化・自動化」の機能を強化しました。これにより、仮想環境における人的な運用ミス削減や、ITサービスレベルの向上を実現します。

・障害対応の迅速化

仮想環境の監視機能を強化する機能の“バーチャルノードモニタ”を新設し、情報サービス側と物理環境側の相関関係が一目で把握できるようになりました(図1)。また、管理対象となる仮想サーバの増加に対応するために、個々の対象サーバにソフトウェアを導入せずに管理する、“エージェントレス管理機能”を強化しました。それにより、一度に監視できる台数が従来の倍に増えるとともに、ジョブスケジュール機能もエージェントレスで実行できるようになりました。その他、仮想環境のシステム運用に特有な仮想サーバの「複製・移動・分割・統合」などに対応する制御機能を強化しました。

・運用の標準化・自動化

今回のV11では、ファミリー製品として個別に提供している、システム管理ツール「Senju Operation Conductor※1」とサービスデスクツール「Senju Service Manager※2」の連携を強化しています。具体的には、システム変更などのサービス要求の申請から承認・実行までを自動実行するプロセス“Senju Service Automation”を新たに提供します。“Senju Service Automation”は、開発や基盤担当者からのジョブの一時停止やランブック実行・コマンド実行などのオペレーション要求を、「Senju Service Manager」の「受付」「承認」プロセスを経て、シームレスに「Senju Operation Conductor」のランブックオートメーション※3機能が自動実行することができるようになり、統制の強化と運用負荷の軽減を実現します。(図2)

「Senju Family V11」の主な新機能は以下の通りです。

  1. 仮想化環境の監視・制御機能の強化(「Senju Operation Conductor V11」)
    • 物理環境と仮想環境の相関関係を把握する“バーチャルノードモニタ”機能を新設
  2. エージェントレス機能の強化(「Senju Operation Conductor V11」)
    • エージェントレス監視の性能向上による監視可能台数の増加
    • エージェントレスジョブ機能の実装
  3. システム運用標準化機能の強化(「Senju Service Manager V11」)
    • サービス要求の複数化対応
    • 構成アイテムの複数化対応
  4. システム運用自動化機能の強化
    • 申請から承認・実行までを自動化する“Senju Service Automation”機能を新設
    • 過去のITインフラ情報を把握・検索できるインフォサーチ機能

NRIは、2010年度中に「Senju Family V11」の、100社への導入を目指します。なお、『運用の自動化・標準化 推進セミナー』を、2010年9月14日(火)に開催いたします。「運用の自動化」「運用プロセス改善・サービスレベル向上」を主テーマに据え、運用現場のトレンド解説、事例紹介と共に、「Senju Family V11」をご紹介いたします。セミナーの詳細は以下URLをご覧ください。

セミナー詳細:http://senjufamily.nri.co.jp/event/

※1「Senju Operation Conductor」
1995年に発売したシステム運用管理ツールで、システム監視やジョブスケジュール管理、構成管理などを行う。最新バージョンは、「Senju Operation Conductor V11」。
※2「Senju Service Manager」
NRIのシステム運用の経験・ノウハウをベースに開発された、ITIL プロセス実践を支援するWebベースのITサービス管理およびサービスデスクツール。最新バージョンは、「Senju Service Manager V11」。
※3 ランブックオートメーション
ランブック(システム運用時やシステム障害時に、オペレータやシステム管理者が実施する作業手順)を自動的に実行する機能。「Senju Family」はこれまでも、ランブックオートメーション機能を中心とした自動化機能を提供しており、運用の自動化を推進してきた。

【ニュースリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 墨屋、潘
TEL:03-6270-8100 E-mail:

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

株式会社野村総合研究所 Senjuインフォメーションセンター  http://senjufamily.nri.co.jp/
TEL:0120-73658-0 E-mail:

【ご参考】

図1 “バーチャルノードモニタ”
「Senju Operation Conductor」に新たに実装された仮想環境管理機能です。物理環境と仮想環境の相関関係が一元的に把握でき、障害対応や構成管理などの運用を効率化します。
図1 “バーチャルノードモニタ”
図2 “Senju Service Automation”について
「Senju Operation Conductor」と「Senju Service Manager」が連携して、サービス要求の申請から承認・実行までを自動実行する機能を提供します。それら一連の自動実行プロセスを“Senju Service Automation”と呼びます。
図2 “Senju Service Automation”について
図3 「Senju Family」製品一覧
図3 「Senju Family」製品一覧

当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2011 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries :