NEWS RELEASE

複数評価機関の指数やデータベースを活用して、ESG関連のコンサルティングサービスを強化

~ グローバルに適用する戦略的なESG情報の開示を支援 ~

2018年07月04日
株式会社野村総合研究所

株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、大手グローバルインデックスプロバイダーMSCI社※1が有するESG(環境・社会・ガバナンス)データベース「MSCI ESG Ratings※2」の使用に関するライセンスを、2018年6月に取得しました。今年2月に発表したFTSE Russell社※3に続き、2社目のライセンス取得です。NRIは、これらのデータベースを活用し、複数のESG指数に対応した、企業向けのESG情報開示支援などに関するコンサルティングサービスを強化します。

投資や資産運用の分野において、個別企業の評価を行う際に当該企業のESG関連の施策や実績を重視する動きは日々強まりつつあり、全世界の総運用資産残高に占めるサステナブル投資(ESG投資を含む)の割合※4は、26.3%に上っています。地域別にみると、ヨーロッパではその割合が60%前後と高い一方、日本は3.4%にとどまっており、わが国ではこれからさらにESGを意識した投資や資産運用が拡大すると見られます。2017年7月には、年金積立金管理運用独立行政法人(以下、「GPIF」)が3つのESG指数を選定し、それぞれの指数に連動するパッシブ運用を始めています。
ESGを意識した投資家の活動が活発化するに伴い、企業は投資家に自社をよりよく理解してもらうために、ESGに関連する情報をより丁寧に開示することが求められます。しかしながら、日本においてはESG情報開示やその情報に基づく評価・格付けの歴史が浅く、自社の取り組みに関して投資家から十分に理解・評価されていない企業が見受けられます。
NRIは、MSCI社やFTSE Russell社といったESG評価機関のデータベースを利用することで、企業のESG情報開示の質向上に向けたコンサルティングサービスの強化を図ります。それにより、日本企業のESG分野における現状の課題を解決し、本来の企業価値やさまざまな取り組みが世界に正しく評価されることを支援します。

<ESG情報開示に複数の評価機関のデータベースを用いるメリット>

  • GPIFが選定した全ての総合型ESG指数※5を考慮したESG情報開示が可能
  • 各企業が、ESG情報開示をする上で優先的に取り組むべき項目の把握、および各項目における他社の開示状況の把握が可能
    • 複数のデータベースを活用することで、各ESG評価機関が共通して選定している項目、かつ、その中でも特に重視している項目の把握が可能
    • 複数のESG評価機関における、他社の評価およびESG情報開示状況の把握が可能

図 評価機関2社のデータベースを用いた優先項目抽出のイメージ

NRIは、今後もESGやサステナビリティ(持続可能性)に関連する指数やデータベースを提供する会社をはじめとして、関連機関との連携を強化し、日本企業の持続的成長を実現するコンサルティングサービス(「ご参考」を参照)を強化していきます。

  • ※1MSCI社:

    MSCI ESG Research LLCは世界最大のESGリサーチおよびESG格付けの提供会社であり、13,000以上の株式・債券発行体(子会社を含む)、そして590,000を超える株式と債券銘柄を評価しています。国際的な資産運用専門誌である米国のペンション&インベストメント誌の調査によると、MSCI ESG Research LLCが提供しているESGリサーチおよびESG格付けは、世界の資産運用会社上位50社のうち46社を含む1,200社以上の機関投資家に活用されており、ESGが投資の長期的なリスクとリターンに与える影響を把握することを可能としています。

  • ※2MSCI ESG Ratings:

    MSCI ESG Ratingsのデータベースでは、世界で6,500社以上の企業に関する環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)のデータが提供されています。各企業のキーイシューごとのリスクとそれに対するマネジメントに関する評価の詳細データが取得可能です。

  • ※3FTSE Russell社が有するESGデータベースのライセンス取得:

    2018年2月19日発表のニュースリリース“サステナビリティ経営に向けたコンサルティングサービス拡充”を参照ください。
    https://www.nri.com/jp/news/2018/180219_1.aspx

  • ※4総運用資産残高に占めるサステナブル投資の割合:

    Global Sustainable Investment Alliance(GSIA) 「2016 Global Sustainable Investment Review」より引用しています。日本は2016年3月31日時点、日本以外の国は2015年12月31日時点のデータを使用しています。
    なお、上記レポートではサステナブル投資を、“財務的な観点に加えて、環境、社会、ガバナンスの要因を考慮した投資アプローチ”と定義しています。

  • ※5GPIFが選定した総合型ESG指数:

    GPIFは、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)のESG全般を考慮に入れた「総合型」指数としてFTSE Blossom Japan IndexおよびMSCI ESG Ratingsを選定しています。この他に、社会(S)のうち女性活躍に着目した「テーマ型」指数として、MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)を選定しています。

ご参考

NRIのサステナビリティ・コンサルティングサービスの全体像

※太枠部分は、評価機関のデータベースを直接活用するソリューションツールの一例

ニュースリリースに関するお問い合わせ

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 坂、水谷

TEL:03-5877-7100

E-mail:kouhou@nri.co.jp

サービスに関するお問い合わせ

株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部 伊吹、寺下

TEL:03-5877-7363

E-mail:sustainability_consulting@nri.co.jp

当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。

Copyright (c) Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

Inquiries : webmaster@nri.co.jp

一覧に戻る

ニュースに関するお問い合わせ

株式会社野村総合研究所
コーポレートコミュニケーション部

TEL:
03-5877-7100
(移転に伴い変更となりました)
E-mail:
kouhou@nri.co.jp