金融ITフォーカス

金融ビジネスの最新トレンドについて市場環境、金融機関経営、業務改革などの観点からトピックを提供

金融分野の定量分析を専門とするクォンツ人材とITソリューションの開発を専門とするシステムコンサルティング人材が相互に連携して、金融・証券ビジネスの視点に重きを置いたトピックスをメッセージの形でお伝えする月刊誌です。

    発行時期 : 毎月5日発行(原則)
    誌型   : A4版・16ページ(通常)

メールマガジン「NRI金融ITイノベーション研究部 新着情報メール配信サービス」を2009年12月より開始しました。ご希望の方は、以下のボタンからご登録ください。

メールマガジンを申し込む

最新刊

2017年3月号

アングル

南極あるある

金融×IT対談

株式会社インフキュリオン 丸山 弘毅氏×株式会社野村総合研究所 大崎 貞和(1.05MB)

金融市場

顧客本位の業務運営に関する原則(808KB)

大崎 貞和

金融庁が「顧客本位の業務運営に関する原則(案)」を公表した。国民の安定的な資産形成に資する投資の拡大のためにも、銀行や証券会社、投資運用会社等による顧客本位の業務運営の確立が求められている。

アセットマネジメント1

アジアにも広がるかファンドパスポート(757KB)

窪寺 祐也

APECの参加国内で組成され基準を満たしたファンドを相互に販売可能とするアジア地域ファンドパスポート(ARFP)の導入に向けた検討が進んでいる。課題はあるものの、日本で組成されたファンドの海外での販売や、海外で組成されたファンドの日本国内での販売が容易になり、市場の活性化が期待されている。

アセットマネジメント2

海外運用会社の業務アウトソーシングの広がりと深化(734KB)

三上 直美

海外運用会社によるバックオフィスとミドルオフィスの業務アウトソーシングはグローバル金融危機以降に利用者の裾野、対象業務範囲、利用地域のいずれにおいてもさらなる広がりをみせている。世界的な金融規制強化や投資収益率低下傾向もアウトソーシング利用による業務リソース調達の柔軟性確保を運用会社に一層強く迫るドライバーとなっている。

セキュリティ

バングラデシュ中央銀行での不正送金事件の余波(770KB)

エリック・ファンドリッチ

2016年バングラデシュで、SWIFTを通じた巨額の不正送金事件が起きた。これは果たして対岸の火事なのだろうか? 事件を受けたSWIFTの対応は、「金融機関→ベンダー」という従来の外部委託管理のあり方に一石を投じている。

企業IR

ガバナンスの向上とより良い対話のための長文型監査報告書(771KB)

三井 千絵

英国や世界各国で導入され始めている長文型監査報告書は、企業のガバナンス向上の議論から取り組まれたものである。企業開示の信頼性向上と、投資家との対話の充実をめざし、日本でもできるだけ早く本格的な取り組みが行われることを期待する。

数理の窓

「意味のある」文章のルール(637KB)

外園 康智

本文はPDFファイルで収録しております。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

バックナンバー

2004年から現在までのバックナンバーをご覧いただけます。

年を選択
月を選択

発行形式

発行時期 毎月5日発行(原則)
誌型 A4版・16ページ(通常)
購読形態 販売はしておりません。当サイトよりご覧ください。

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局

E-mail: focus@nri.co.jp

※当サイト及びそのコンテンツに関する著作権は、特段の記載がない限り、株式会社野村総合研究所に帰属します。