生物多様性行動指針

NRIグループは、社会の一員として、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進するため、次の取り組みを積極的に行います。

1. 生物多様性との関係を把握

事業活動全体が生物多様性にどのように依存し、また影響を与えているか、評価・分析することで把握します。

2. 継続的な活動

社員一人ひとりの意識の向上を図り、生物多様性に配慮した事業活動を行うことで、生物多様性に及ぼす影響を低減するとともに予防・回避を継続的に図ります。

3. 推進体制と取組み方

推進体制を整備し、事業や長期的な観点により影響・効果の高い施策から優先して取り組みます。また、持続可能な社会の一員として、継続的な社会貢献活動を行います。

4. 技術による貢献

データセンターの構築運営やオフィスの立地や再配置において、生態系の保護などに配慮するなど事業の特性に応じた技術による貢献を目指します。

5. 連携した活動と取組み範囲の拡大

地域重視と広域的・グローバルな認識を持ち、取り組みにあたっては、地域住民・行政・NPOなど多様なステークホルダーと連携し、幅広い知見や手段を活用します。