フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 金融サービスを変えるのは誰か

知的資産創造 2018年3月号

特集 デジタルが拓く金融の近未来像

金融サービスを変えるのは誰か

2018/03/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 実体経済はどう変わったか
  2. 金融サービスはどう変わるか
  3. 事業会社、金融機関が変化に向かい合うには

要約

  1. あらゆる産業は、ビッグデータ、AI(人工知能)、IoTの登場により大きな変化の渦中にあり、競争相手、ビジネスモデル、サプライチェーンなど、すべてが変わりつつある。
  2. 実体経済の変化が進行する中で金融に求められているのは、「金融サービスの民主化」 である。かつて、クラウドによってIT基盤が民主化され、幅広い業務に携わる人へとIT活用の門戸が開かれたように、FinTechの後押しを得た金融サービスは民主化される。
  3. これにより、金融ニーズの当事者である事業会社が金融サービスの担い手となり、本業と連動した金融サービスを高速・柔軟・低負荷で活用しつつある。金融はそもそも実体経済の血液であり黒子であるが、気の利く多様な黒子が社会に遍在し、金融サービスを行うようになる。本業を通じて収集される多種大量のデータは、そのサービスを提供する上で大きな役割を果たす。
  4. 既存金融機関はこの変化とどう向き合うのか。事業会社が金融サービスを提供する中で、「名脇役」としての立ち位置を保てるだろうか。そのためには、「やれば儲かるFinTech」に対する幻想は捨て、「やらなければ負けるFinTech」の進め方を考えなければならない。
  5. 本稿では、金融サービスの民主化が不可逆な流れであることを確認した上で、金融機関・事業会社がどのようにこの変化に向かい合っていくべきかを示す。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(499KB)

執筆者情報

横手 実

執行役員
金融ITイノベーション事業本部

副本部長

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。