株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、企業向けのシステム運用管理ツール「Senju Family(センジュ・ファミリー)」の最新バージョン「Senju Family 2013」を、3月5日から販売開始します。

企業の情報システムが複雑化していく一方、情報システム運用部門は、システム利用者(ユーザー)や開発担当者からのさまざまな要求や問い合わせに対し、より迅速に対応する必要があります。しかし、システム運用に関わる詳細な情報が、開発部門と運用部門で別々に管理されているために、緊急時の対応が遅れたり、既存の運用管理システム基盤を改善したくても、柔軟性が足りず、サービスレベルが低下したりするといった課題があります。

ユーザーからの要求に対して、迅速な運用オペレーションを実現する豊富な機能

「Senju Family 2013」は、これらの課題を解決するために、ユーザーと運用部門の距離を縮め、要求に対して迅速な対応を可能にする機能を実現しました。

主なポイントは以下の通りです。

①対応窓口の一元化や、運用プロセス改善機能の充実で、柔軟かつ迅速に業務を改善
要求管理、障害管理、変更管理、リリース管理等の全ての運用プロセスにおいて、ユーザーからの対応窓口を一元化できるように、運用管理基盤を統合しました。これらの運用プロセス管理機能を充実させることにより、運用業務の改善を迅速に行えます。また、さまざまな要求に対し、運用手順書に沿ったオペレーションを支援するほか、事業の変化やシステム更新に伴う運用プロセス変更にも柔軟に対応します。
②運用オペレーション業務の自動化を推進
仮想環境へのサーバー追加・削除や、ジョブ操作の制御などを行うオペレーション作業を、自動的に実行します。これにより、手作業で生じやすい人的ミスを防ぐとともに、作業負荷を軽減します。申請・承認ワークフロー機能と組み合わせることにより、運用作業の証跡を残すことが可能になり、内部統制や仮想環境のライフサイクル管理の徹底も可能になります。
③ユーザー・開発部門・運用部門がリアルタイムに情報共有できる基盤の構築
管理ツールからのさまざまなシステム運用に関わる情報を集約し、必要な情報のみを一覧表示します。Webブラウザやスマートフォンからも、運用状態がリアルタイムに把握できるようになり、オフィスを離れた環境からも、システムに関する情報や過去に蓄積された運用ノウハウをユーザー・開発担当者と運用部門それぞれが、迅速に入手・共有できます。
【図. 「Senju Family 2013」の活用で、ユーザーと運用部門の距離が縮まるイメージ】
図.「Senju Family 2013」の活用で、ユーザーと運用部門の距離が縮まるイメージ

※図中の①②③は本文のそれぞれに対応

既存環境とクラウド環境の管理を一元化

「Senju Family 2013」では、クラウド環境への対応も強化しています。既存環境とクラウド環境の管理を一元化し、現行と変わらないシステムオペレーションの運用により、クラウドコンピューティングのメリットを最大限に引き出します。

NRIは、「Senju Family 2013」の発表セミナーを、2013年3月5日(火)に本社(東京都千代田区大手町)で開催します。新機能およびセミナーの詳細については、以下のURLをご参照ください。

http://senjufamily.nri.co.jp/products/2013.html別ウィンドウで開きます


【ニュースリリースに関するお問い合わせ】

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部 墨屋、坂
TEL:03-6270-8100 E-mail:

【製品・サービスに関するお問い合わせ】

株式会社野村総合研究所 Senjuインフォメーションセンター
TEL:0120-736-580 E-mail:  URL: http://senjufamily.nri.co.jp/ 別ウィンドウで開きます

当リリースに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。すべての内容は日本の著作権法及び国際条約により保護されています。
Copyright (c)2013 Nomura Research Institute, Ltd. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
Inquiries :