オムニチャネルを支える統合基盤「SAP hybris」

対象業務
マーケティング
EC
マスタ管理

統一された情報管理から差別化を図る情報活用を実現するために、パッケージの迅速さとスクラッチの柔軟さを持つ統合基盤として「SAP hybris」をご提案します。また、幅広い関係者や関連システムをまとめるプロジェクト推進までご支援いたします。

ソリューション概要

課題 1
オムニチャネルを実現する、迅速かつ柔軟なフロントシステムの導入
課題解決のポイント
ECサイト等、フロント系部分は独自機能を柔軟に構築し、管理系部分はパッケージを活用して効率よく開発できること。
活用ソリューション説明
スクラッチの柔軟性と、パッケージの効率性の「いいとこどり」をしたモジュール型構造により、パッケージを維持したまま独自機能の柔軟な拡張が可能です。
期待される効果
他社との差別化を図る独自のオムニチャネル施策を柔軟に実装でき、稼働後の機能拡張、機能変更をローコストで運用することができます。
課題 2
オムニチャネルに必要な各種データ(商品・顧客・在庫・販売)の一元管理
課題解決のポイント
オムニチャネルに必要なデータを一元管理しデータの一貫性を担保すること。
活用ソリューション説明
オムニチャネルを前提とした、マスタの一元管理が可能です。
期待される効果
データを一元管理することで顧客満足度の向上を図ることができます。
課題 3
商品情報収集の精度向上と、ネット・通販ビジネスとの高い親和性の確保
課題解決のポイント
情報収集から管理、活用までを一括管理できる統合プラットフォームを採用すること。
活用ソリューション説明
「オムニチャネル連携」を想定した統合プラットフォーム構造で、単一のデータ管理と活用までのリアルタイム連携を実現します。
期待される効果
商品情報を早期に市場投入することができます。また、一元管理によって統一したシステム管理、情報連携の親和性の確保が可能になります。
課題 4
幅広い社内外関係者との合意形成や関連システムとの整合性確認
課題解決のポイント
目的を外すことなく、全体を推進できるプロジェクト推進体制の確保
活用ソリューション説明
スクラッチ、パッケージ両面の導入経験と、コンサルテーションのノウハウを活用してプロジェクト推進をご支援します。
期待される効果
関係者との合意のほか、システム、業務、データの3要素が整合性のとれた状態で稼働することができます。

ソリューションの特長

特長 1
スクラッチとパッケージの「いいとこどり」で、個別要件の多い大規模サイトに有利です。
図:特長1 個別要件の多い大規模サイトに有利

拡大する

特長 2
「オムニチャネル連携」を想定した統合プラットフォーム構造に特徴があります。
図:特長2 「オムニチャネル連携」を想定した統合プラットフォーム構造

拡大する

製品のご紹介

SAP hybris製品紹介

http://www.hybris.com/ja/JP

お問い合わせ

導入に関するお問い合わせやご相談はこちらへ

担当部署: 産業ITソリューション ERP事業お問い合わせデスク

E-mail: erp-info@nri.co.jp