フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 書籍 書籍一覧 プラットフォーム経済圏 GAFA VS. 世界

書籍

プラットフォーム経済圏 GAFA VS. 世界

2019年5月27日発行

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

プラットフォーム

野村総合研究所 木内 登英(著)
日経BP社 発行
2019年5月27日発行
定価:本体2,200円+税


主要目次

第1章 ネットサービスが生む巨額の経済価値と効用

第2章 経済学で読み解くデジタルプラットフォーマー

第3章 民主主義を揺るがす情報操作とネット規制

第4章 データ経済時代の中国型モデルの光と影

第5章 日本型データ活用戦略と「情報銀行」

著者コメント

本書は、GAFAに代表されるプラットフォーマーが提供するネットサービスの功罪と各国政府の規制対応、データを巡る国家間の争いに焦点を当て、エコノミストの視点から分析を試みたものです。プラットフォーマーのビジネスは、無料サービスなど極めて斬新ですが、伝統的なミクロ経済学を用いて、その戦略、ビジネスモデルを読み解くことができます。利用者がGAFAのビジネスモデル、戦略の本質を正確に理解することは、私たちの生活をより豊かにすることに役に立つでしょう。

執筆者情報

木内 登英

エグゼクティブ・エコノミスト

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

書籍に関するご意見ご感想

書籍に関するご意見ご感想はこちら