フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 用語解説 用語解説一覧 NPV/IRR/DCF法

用語解説 経営戦略・事業戦略

NPV/IRR/DCF法

Net Present Value/Internal Rate of Return/Discounted Cash Flow

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

事業の収益性や投資価値の判断を事前に行うための指標。投資に必要なキャッシュと将来得ることができるキャッシュの現在価値を比較して判断する。

NPV(正味現在価値)やIRR(内部利益率)は、ある事業に対する投資を事前に判断する際に利用する指標です。資本コストを用いて将来のキャッシュフローを現在価値に割り戻す方法であるDCF法を用いて計算します。キャッシュフローを用いていることから、会計基準に左右されずに投資価値の判断ができることと、DCFを用いるため時間の概念が取り込まれていることなどが特徴です。DCFでは5年後に得ることができる100万円と10年後に得ることができる100万円ではその現在価値が異なります。

計算方法と特徴

NPVとは、特定期間のDCFの総和から投資額を差し引いた金額を指します。NPVがプラスであれば投資価値があると判断されます。

IRRとは、NPVがゼロになる際の割引率を指します。IRRが資本コストより大きければ投資価値があると判断できます。

一般的に、資金の制限が少なく、単一のプロジェクトを評価する場合は、金額を評価することができるNPVを用います。一方、限られた資金を複数の事業に分配することを考える場合は、効率性を評価することができるIRRで判断します。

日本でNPV、IRRは普及途上

米国ではすでにNPVやIRRが投資の意思決定ツールとして広く利用されていますが、日本ではまだまだ簡便な回収期間法が利用されており、NPVやIRRなどのツールの利用は限定的です。

ただし、日本企業でも、多角化企業や複数の候補から投資判断を行う必要がある新規事業開拓などでは、投資案件の決定などの判断に利用されるケースが多いようです。

近年、企業価値の向上が叫ばれていますが、資本コストを超過するキャッシュフローを上げてこそ、企業価値を高めているといえます。日本企業は企業価値向上のためにより多くの案件に対してNPVやIRRを活用する必要があると考えられます。

NPVの計算方法

NPVの計算方法

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn