フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 用語解説 用語解説一覧 ポーターの競争優位の戦略

用語解説 経営戦略・事業戦略

ポーターの競争優位の戦略

Poter's Competitive Strategies

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

競合他社に打ち勝ち、優位性を築くための基本的戦略のフレームワーク。「3つの基本戦略」として提唱されている。

マイケル・E・ポーターは、競合他社に打ち勝ち競争優位を築くための「3つの基本戦略」を提唱しています。これは、1980年に『競争の戦略』の中で提示されて以降、競争戦略のフレームワークとして世界中で活用されているものです。

3つの基本戦略

  1. コストリーダーシップ
    規模の経済の追求と、経験の蓄積から効率性が増すという「経験曲線の理論」により、コスト面で最優位に立とうとする戦略です。低コストを実現することで、同じ価格の場合は競合相手より高い利益を得られ、また低価格にすれば大きなシェアを獲得するなどの優位性が得られます。
  2. 差別化
    自社の製品やサービスを他社とは違う特異なものと顧客に認知してもらい、業界での優位性を築こうとする戦略です。差別化は、ブランドイメージや商品の機能、技術力による品質、顧客サービスなどで行われます。
  3. 集中
    特定の顧客セグメント、製品の種類、地域などに資源を集中させ、特定ターゲットで低コスト、差別化、あるいはその両方を実現しようとする戦略です。

 

3つの基本戦略

3つの基本戦略

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn