フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 用語解説 用語解説一覧 企業理念/行動規範/ビジョン

用語解説 経営戦略・事業戦略

企業理念/行動規範/ビジョン

Corporate Philosophy/Code of Conduct/Vision

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

経営者の経営哲学、企業経営や組織の基本像(原点)を表したもの。社員一人ひとりの業務にまで浸透させることが大切。

企業理念は、企業の存在意義や経営層が持つ経営哲学等をまとめたもので、企業経営や組織の基本像(原点)を示すものです。この企業理念を、社員が遵守すべき基準として具体化したものが行動規範、環境変化を踏まえて中長期的に目指すべき姿を描いたものがビジョンです。経営理念とほぼ同義で用いられます。

対外的側面と対内的側面

企業理念は、企業が果たすべき使命、事業活動の目的や基本姿勢を規定するものです。企業理念には、顧客、株主、取引先、地域社会に対して、他社とは異なる自社の存在目的・意義を提示する対外的な側面と、社員に対して、どのような考え方に基づいて業務を遂行すべきかを認識させる対内的な側面があります。

企業理念は、長期にわたって受け継がれるような一定の不変性が求められるため、抽象的になりがちですが、抽象度を高めすぎると、社員の業務判断基準や業務遂行の拠り所として機能しなくなり、風化してしまうという問題が生じます。

そのため、企業理念は、あまり抽象的、観念的にしすぎることなく、親しみやすい言葉で表現することが求められます。社員が持つべき心構えや起こすべき行動の方針をわかりやすく表現した行動規範を定めることで、企業理念を実際の企業活動に反映しやすくします。

また、企業は企業理念をアイデンティティとして守りながらも、その時々の環境変化に適合していかなければなりません。したがって、特定の環境下で自社がどういう方向を目指すべきなのか、環境が変化するたびに、不変的な企業理念を読み換えることが必要です。これがビジョンです。ビジョンは、企業の中長期経営計画や事業戦略の具体的な方針を指し示すものとなります。

社員に浸透させることが大切

企業理念等は、社員に浸透してこそ、本来の求心力を発揮します。社員に浸透させるためには、(1)経営層が自らの思いを社員に語ること、(2)企業理念等を体現することで得た成功体験を共有し、社員の企業理念等への共鳴を促進すること、(3)企業理念等に基づく行動目標を社員自身に設定・実行させ、評価に結びつけることが大切です。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn