フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 「生産性向上」を考える

知的資産創造 2017年11月号

MESSAGE

「生産性向上」を考える

2017/11/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

 世の中には「生産性向上」という言葉が溢れているが、日本の労働生産性は主要先進7カ国の中では最下位の状況が続いており、国を挙げての課題となっている。
これまで生産性向上というと、「どれだけコストを削減できるか(コスト生産性)」という観点が中心だった。日本企業は「カイゼン」に代表される企業(組織)としての量の最大化を目指してきた。しかし、今求められているのは「どれだけ時間を創出し、新しいことに挑戦できるか(付加価値向上)」という観点である。創出された時間を「何に、どのように使い、新しい価値をどのように生み出していくか」という質の向上が問われてくる。
 筆者がこれまで携わってきたシステム開発を例にとって、生産性向上について考えてみたいと思う。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(155KB)

執筆者情報

小原 康司

執行役員
証券ソリューション事業本部

副本部長

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。