フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 オペレーションの進化がもたらすもの

知的資産創造 2017年12月号

特集 オペレーションの進化

オペレーションの進化がもたらすもの

2017/12/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 企業のオペレーションに生じている変化
  2. オペレーション進化の背景にある三つの潮流
  3. オペレーション進化の影響
  4. オペレーション進化に向けた経営の役割

要約

  1. 企業のオペレーション(企業が備えておく必要のある社内の統治システムや業務プロセス全般)が急速に進化し始めている。AI(人工知能)やRPA(Robotic Process Automation)といった最新テクノロジーを活用した業務効率の飛躍的向上、企業や国境の枠を超えた管理範囲の拡大と精度の高い連携といった、これまでには不可能だと考えられてきたことが実現できるようになってきた。進化の背景には、テクノロジーの進化、サステナビリティへの関心の高まり、グローバル化の対応といった潮流変化がある。
  2. オペレーションの進化は、同時に新たな課題を経営に突きつけることになる。企業が求める人材の要件は大きく変化し、職種ごとの定数を含む人材ポートフォリオは見直しを迫られる。また、PDCAサイクルが短期化し、企業は短期かつ高頻度に変革を繰り返すようになるため、その変化に耐えられる(変化を愛でる)企業風土の醸成が求められる。さらに、その推進はトップダウンとボトムアップが混在し、他社との連携を前提としたものに大きく変化するため、責任・権限のあり方や、知的財産の保護、プロジェクトのマネジメントの強化に向けた体勢の整備が必要となる。
  3. オペレーションの進化を企業の成長につなげるためには、変化の方向を見極め、中長期的な目線を持って対処していくことが必要である。具体的には、時間軸を越える大儀とグランドデザインを作成し、それに基づき経営者自信が強いリーダーシップを発揮していくことが求められる。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(523KB)

執筆者情報

森沢 伊智郎

コーポレートイノベーションコンサルティング部長 主席コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。