フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 第1回 非関税障壁としての経済制裁を活用したロシアの輸入代替政策の推進と課題

知的資産創造 2018年4月号

シリーズ ロシア産業高度化に向けた課題と経済への影響

第1回 非関税障壁としての経済制裁を活用したロシアの輸入代替政策の推進と課題

2018/04/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 応酬される禁輸措置
  2. 強化される輸入代替政策
  3. 輸入代替政策の影響
  4. 輸入代替政策推進の課題
  5. まとめ

要約

  1. ウクライナ危機に端を発した欧米の対ロシア経済制裁による輸出禁止措置は、ロシアの対抗輸入禁止措置を呼んだ。FTA(自由貿易協定)、EPA(経済連 携協定)、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)などの自由貿易が推進される世界において、経済制裁に伴う禁輸措置は、合法的非関税障壁として、制裁対象国に国内産業基盤強化の機会を提供する。
  2. ロシアは、ウクライナ危機前から輸入代替政策を推進しているが、ウクライナ危機後の2014年に「産業の発展及びその競争力の向上」国家プログラムを 採択し、輸入代替産業の育成に一段と力を入れている。
  3. ロシア政府は今後も引き続き、ローカルコンテンツ規制を強化する意向である。これらは、自動車産業、石油ガス機器、日用品・化粧品などの分野で進 出済みの日本企業にも影響を与える可能性がある。
  4. これらの国産化の推進は、一方で、消費者の満足度の低下をもたらしている。ロシア製造業の製造能力はいまだに高くなく、さまざまな課題を抱え る。経済制裁の続く間に、これらの課題を解決できなければ、経済制裁終了後に再び、外資系企業の製品に市場を席巻されることになる。それを防ぐための製造能力の向上を急ぐ必要がある。
  5. 対ロシアの経済制裁は当面続くと見込まれる。1 億人を超える成熟国かつ経済制裁によって生まれた低競争市場への参入を考える日本企業にとって、ロ シア企業との提携の好機と考えられる。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(923KB)

執筆者情報

植村 哲士

グローバルインフラコンサルティング部

上級研究員

Alexander Kharkov

モスクワ支店

コンサルタント

石本 仰

グローバルインフラコンサルティング部

コンサルタント

岩田 朗

モスクワ支店長 上席コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。