フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 知的資産創造 2018年7月号 AIソリューションTRAINAが支援する働き方改革の未来

特集 AIの「民主化」とデジタル変革

AIソリューションTRAINAが支援する働き方改革の未来

2018年7月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. TRAINA開発・発展の経緯
  2. TRAINAの特長
  3. 昨今のAI事情とTRAINAの立ち位置
  4. TRAINAによる働き方改革ソリューション事例
  5. 今後の拡張・発展領域

要約

  1. 昨今のAI(人工知能)の著しい機能強化に伴い、さまざまな企業でAIを使った業務改革・改善の導入が進んできた。本稿では、働き方改革を支援する具体的なAIソリューションとして脚光を浴び始めた「TRAINA(トレイナ)」を解説する。
  2. 2016年7月に野村総合研究所(NRI)が提供開始したTRAINAは、AIと言語処理技術(NLP:Natural Language Processing)との融合をベースに開発されたソリューション群である。TRAINAのキャッチフレーズ「ビジネスを変えるAI×コトバ(あいことば)」が、これらの特長を象徴している。
  3. TRAINAは、コールセンターやヘルプデスク、対面窓口など、顧客接点業務を効率化、高度化するソリューションとして位置づけられている。また、TRAINAは学習コストの低減と高い専門性(問題解決力)を重視しており、他社のシナリオルール型と一線を画すソリューションとしての立ち位置を確立している。
  4. サッポロホールディングス株式会社では、2016年12月からの実証実験を通して17年6月からサッポログループの業務効率化推進の本格的展開を開始した。その結果、グループ内からの問い合わせに対応する業務の45%がTRAINAで人手をかけずに回答可能であることを確認できた。
  5. 今後は営業支援などのより専門性の高い業務分野への挑戦や、グローバル対応(英語化)を行っていく予定である。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(1.10MB)

執筆者情報

  • 堀 宣男

    堀 宣男

    ビッグデータイノベーション推進部長

  • 小高 徳彦

    小高 徳彦

    ビッグデータイノベーション推進部

    AIナビゲーション推進グループマネージャー

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIフィナンシャル・グラフィックス
戦略マーケティング部
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。