フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 データ活用基盤としてのDMPの役割

知的資産創造 2018年10月号

特集 アナリティクスが導くデジタルトランスフォーメーション

データ活用基盤としてのDMPの役割

2018/10/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. DMPの導入が広がる背景
  2. データ活用におけるDMPの具体的な役割
  3. 課題と今後の展望

要約

  1. データに基づく意思決定を高度化する取り組みの中で、消費者の行動ログの収集やデータ活用にかかわるPDCAの継続実施を目的にDMP(データマネジメントプラットホーム)と呼ばれる仕組み・ツールを導入する企業が増加している。
  2. DMPはクラウドのストレージサービスと事業活動を支える既存のシステム・データベースとを接続することで、ログデータの一元的な収集・保管を可能にする。また、データの抽出・分析、分析結果に基づく顧客へのアプローチ施策の実行までを同じツール上でコントロールできる点で、継続的なデータ活用に対するハードルを下げる効果を有する。
  3. 現状はWeb上での消費行動の把握が中心となっているが、今後5G・LPWAなどの通信規格の導入を背景としたIoT(モノのインターネット)の普及に伴い、現実空間における行動ログの収集も容易になると考えられる。データ活用の高度化は不可逆的なものであり、DMPの導入を含め、早期の取り組みが唯一無二の対応策と考える。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(439KB)

執筆者情報

南島 安平

アナリティクス事業部

主任コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。