フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 商用車モビリティサービスの進化

知的資産創造 2018年12月号

特集 モビリティサービスの進化

商用車モビリティサービスの進化

進む他業界との融合

2018/12/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 商用車モビリティサービスの市場成長背景と本質的意味合い
  2. 「モノを運ぶ」モビリティサービスにおける事業機会
  3. 「ヒトを運ぶ」モビリティサービスにおける事業機会
  4. 商用車モビリティサービス市場の将来展望
  5. 巨大マーケット需要創造に向けて

要約

  1. 乗用車と同様、商用車業界においても「CASE」は100年に一度の業界変化をもたらすとされている。その変化の本質は、技術進化によるモビリティサービス市場の成長ではなく、新旧プレーヤーによる付加価値競争の加速により、業界全体の構造が一変するということである。
  2. 「モノを運ぶ」分野では、自動車メーカーによる、新たなプラットフォームビジネスへの立ち上げや、ベンチャーなどのIT事業者による物流マッチング・ドライバーマッチングなど、従来のメーカー、サービサーの垣根を越えたモビリティサービスが次々と立ち上がっている。
  3. 「ヒトを運ぶ」分野では、海外で先行するUberなどのマッチングが当たり前の時代に突入し、従来型運営事業者と個人事業主との垣根がなくなる。マイクロトランジットなどの移動手段の多様化や、マルチモーダル型のサービスの登場により、タクシーや電車、バスといった各交通手段もその分担境界線があいまいになる。
  4. 商用車モビリティサービスはこのような「垣根の崩壊」により、巨大なマーケットを形成すると期待されている。プラットフォームの確立に向けては、幅広いサービスカバレッジと仲間作りにより、早期に実績を積み上げる必要がある。また、プラットフォームへの相乗りを志向する事業者にとっては、各プラットフォームに対する目利き力を養いつつ、コモディティ化への備えを進める必要がある。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(833KB)

執筆者情報

小池 貴之

グローバル製造業コンサルティング部

グループマネージャー

肥後 盛史

グローバル製造業コンサルティング部

上級コンサルタント

稲垣 成晃

グローバル製造業コンサルティング部

主任コンサルタント

藤本 赳生

グローバル製造業コンサルティング部

副主任コンサルタント

吉澤 友貴

グローバル製造業コンサルティング部

副主任コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。