フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 第4回 シルクロード沿線諸国の農業ビジネス拡大可能性と日本企業の事業機会

知的資産創造 2019年2月号

シリーズ シルクロード沿線諸国の現状と日本企業のビジネスチャンス

第4回 シルクロード沿線諸国の農業ビジネス拡大可能性と日本企業の事業機会

2019/02/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. シルクロード沿線諸国に見られる農業分野の特徴ある取り組み
  2. 各国の農業の特徴
  3. 日本とシルクロード沿線諸国の農業ビジネス拡大におけるポイント
  4. 日本への原材料供給地として魅力的な中央アジア・コーカサス地域の活用を

要約

  1. シルクロード沿線諸国は、近接する国でありながら、文化や気候など異なる特徴を持っている。これらの国では農業は観光と並ぶ基幹産業となっており、経緯は異なるものの、各国においてあらためて強化されている。
  2. 各国では、ソ連時代に単一作物を大規模に生産していたが、近年、各国の特徴を活かした農業へ転換が進んでいる。
  3. ウズベキスタンでは、ロシア向けの輸出に再注力し、コーカサスの国々は新しいマーケットの開拓を進めている。また、中央アジアと欧州を直結する整備中の物流網を活用したり、オレンジワインブームなどの新しいトレンドに乗り新規市場を開拓したりしている。
  4. 一方で、現地生産者と海外事業者をつなぐきっかけが不足しており、認知度の低さもあり、十分な成果が得られているとはいえない。
  5. これらの地域は、品質のよい果実や乾燥帯に自生する漢方薬原料、ユニークな歴史を持つワインなど、ほかの地域では手に入らない魅力的な農産物が多く、今後の取り組み次第で、さらなる発展が期待される。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(790KB)

執筆者情報

谷口 麻由子

金融コンサルティング部

副主任コンサルタント

石本 仰

グローバルインフラコンサルティング部

コンサルタント

植村 哲士

グローバルインフラコンサルティング部

上級研究員

日下 瑞貴

社会システムコンサルティング部

コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。