フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 CASEが助長する保護主義化と自動車産業の対応

知的資産創造 2019年4月号

特集 保護主義の台頭と自動車産業

CASEが助長する保護主義化と自動車産業の対応

2019/04/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 各国における保護主義の動き
  2. CASEが助長する保護主義化
  3. 自動車産業への影響
  4. 企業に求められる対応
  5. 民主政治型グローバリゼーションへの回帰の可能性

要約

  1. 自動車産業では、関税、排ガス・燃費規制、技術規制などの観点から保護主義化が進展している。
  2. 中国に加えて、米国やASEAN諸国などにおいても、「民主政治型グローバリゼーション」から「国民国家型グローバリゼーション」に政策の舵を切っている状況である。
  3. 保護主義化による自動車産業への影響は、開発、生産、調達、販売と多岐にわたる。そのため、製造業各社は保護主義への対応として、中長期計画、事業戦略、マネジメント、機能・業務プロセスの各階層において最適化を図る必要がある。
  4. 自動車産業における保護主義化の動きは、CASE(Connectivity、Autonomous、Sharing/Service、Electricity)に代表される業界変化と連動しており、これらの変化は短期的なものではなく、構造的なものと解釈すべきである。
  5. しかし、CASEのコモディティ化や米中以外の需要地拡大に伴い、長期的に各国の政策が変化する可能性があり、政策の分析と対応を怠ってはならない。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(664KB)

執筆者情報

久保田 洋介

グローバル製造業コンサルティング部経営戦略グループ

グループ・マネージャー

石垣 圭一

グローバル製造業コンサルティング部経営戦略グループ

上級コンサルタント

大久保 華子

グローバル製造業コンサルティング部経営戦略グループ

コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。