フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 5Gがモビリティに与えるインパクト

知的資産創造 2019年6月号

特集 5G元年 その革新性と可能性

5Gがモビリティに与えるインパクト

2019/05/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. モビリティ領域における5Gの可能性
  2. モビリティ領域における5G主要プレーヤー動向
  3. モビリティ領域の5Gユースケースとその有望性
  4. 5G導入のロードマップと将来像
  5. 5G展開に向けた課題

要約

  1. 5Gは、高速大容量(20Gbps)、超信頼・低遅延( 1 ミリ秒)、多数端末との同時接続(100万端末/km2)の特性を有し、モビリティ業界にも大きな変化をもたらす可能性がある。特に、超信頼・低遅延やアップロードの高速大容量化は、モビリティのコネクテッドサービスや付加価値を一変させる可能性がある。
  2. モビリティ分野では、自動車メーカー・機器メーカー・通信キャリアなどが連携し、各国でさまざまなユースケース開拓、サービスの実証実験が行われている。同時に、通信技術の開発やユースケースの検討を共同で進めるため、業界横断で団体を設立し、サービス開発・普及活動を進めている。
  3. 5Gのポテンシャルを活かすユースケース開拓も進み、大きくは、①運転時の安全性を向上させるもの、②運転時の快適性を向上させるもの、③カーライフに安心安全を提供するもの、④移動をより快適で楽しいものにするもの、の4 つに分類される。
  4. 5Gは、4G/LTEと比較してスモールセルの特徴があるため、高トラフィックエリア、スタジアム、工場、医療機関、スマートシティなどから普及が進み、次に広域に5Gサービスが展開される見通しである。また5GはコネクテッドサービスのQoSを大幅に向上させ、モビリティのユーザーエクスペリエンスも大きく変えていくと予測される。
  5. モビリティの5Gサービスの需要創造に向けて、各ステークホルダーが連携を取りながら、ユースケース開拓、実証を進めていく必要がある。5Gの特徴である低遅延を最大限に活用するエッジコンピューティング技術や、通信量の大幅増加に向けたサービス要求仕様に基づく適切なネットワーク回線の選択、通信コストの低減手法も課題となる。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(640KB)

執筆者情報

肥後 盛史

グローバル製造業コンサルティング部

上級コンサルタント

山浦 耕太郎

グローバル製造業コンサルティング部

主任コンサルタント

櫛田 亮真

グローバル製造業コンサルティング部

副主任コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。