フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 第4次産業革命に流れる本質

知的資産創造 2019年9月号

特集 インダストリー4.0の深化

第4次産業革命に流れる本質

競争軸の大変革に気付けるかが生き残りのカギ

2019/08/20

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 競争軸の変化がもたらす地殻変動
  2. 第4次産業革命の本質が理解されない背景
  3. 第4次産業革命を生き抜くための処方箋

要約

  1. 競争軸が変わった瞬間、トップシェア企業であってもその地位は瞬く間に凋落してしまう。ひたひたと足音を立てて近づいてきている「第4次産業革命」であるが、どうやらその足音は日本企業の耳には聞こえていないように思える。実は、「第4次産業革命」は競争軸を大きく変革させる影響をもたらす、天変地異のようなものである。
  2. 競争軸の変化をももたらす最大の要因に、ものづくりスタイルの変化がある。それがモジュール化である。このモジュール化により、開発のスタイル自体もオープンイノベーション型に変わってきた。しかしながら、多くの日本企業にはこの事実が見えていない。
  3. 第4次産業革命は、モジュール構造のオープンイノベーションに紐付いている。そのため、非連続な競争軸の変化がもたらされる可能性が極めて高い。この変化に対応するべく、日本の製造業は「協調」と「競争」を峻別したオープンイノベーション環境での戦い方をマスターすべきである。
  4. 第4次産業革命を生き抜くためには、企業内において長期的視点に基づいたデジタライゼーションを推進することが必須である。加えて、中小企業の場合、CPSを効果的に機能させるために、M&Aなどにより企業規模を現状以上に拡大する必要がある。
  5. 第4次産業革命時代においては、モジュールの提供企業と、モジュールを組み合わせて一つのサービスにまとめたインテグレーションサービスの提供企業とでは、戦い方が異なる。前者においてはプロダクトアウトの発想で、モジュール構造を他社との関係でどのように設計できるかが最大のポイントになる。後者においては、マーケットインの発想が必要で、特に企業としての体制として、ダイバーシティ性が強く要求される方向で進むと予測をしている。日本の製造業は、マインドセットを伴う新しい改革が必要となろう。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(907KB)

執筆者情報

梶野 真弘

コーポレートイノベーションコンサルティング部

上級コンサルタント

藤野 直明

産業ITイノベーション事業本部 産業デジタル企画部

主席研究員

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIワークプレイスサービス株式会社
ナレッジサービス部 業務革新チーム
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。