フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 知的資産創造 2020年5月号 第2回 リカーリングモデルの歴史と類型

シリーズ デジタル時代のリカーリングビジネス構築

第2回 リカーリングモデルの歴史と類型

2020年5月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. 各種業界に見るリカーリングモデルの歴史
  2. リカーリングモデルの類型

要約

  1. 日本には、複写機事業やコマツの「KOMTRAX」によるアフターマーケット事業など、成功してきたリカーリングモデルがあった。しかしながら、ICTを活かし、モデルをさらに進化させることが必要である。デジタル時代のリカーリングモデルは、顧客とデータを通じてつながることにより、消耗品、保守だけでなく、コンテンツやソフトウエア、顧客の業務代行など、より太い顧客とのつながりを実現することが求められている。
  2. こうしたリカーリングモデルには、①定額型(サブスクリプション)、②IoTデータによる融資型、③成果報酬型、④マネージドサービス型(運用管理一括サービス)、⑤デジタルワークフロー構築支援型、がある。

x (x)

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(462KB)

執筆者情報

  • 青嶋 稔

    青嶋 稔

    コンサルティング事業本部

    シニアパートナー

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIフィナンシャル・グラフィックス
戦略マーケティング部
Mail : chiteki-dokusha@nri.co.jp
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。