フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 知的資産創造 2021年4月号 カスタマーロイヤリティ向上に向けたDX戦略・CXマネジメントの要諦

特集 ウィズコロナのカスタマー戦略

カスタマーロイヤリティ向上に向けたDX戦略・CXマネジメントの要諦

2021年4月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. ポストコロナにおけるカスタマーロイヤリティを軸としたCXマネジメントの重要性
  2. CXマネジメントのあるべき姿
  3. CXマネジメントにおけるデジタルテクノロジーの役割
  4. DXによるCXマネジメントの高度化

要約

  1. カスタマーロイヤリティの醸成は、LTV(Life Time Value:顧客生涯価値)拡大と強固な売上基盤の形成に寄与する。コロナ禍において、その重要性はさらに高まっており、「心の満足」に基づくカスタマーロイヤリティを構築できていない企業は、顧客離れを招き、市場から淘汰されていく。
  2. カスタマーロイヤリティの醸成には、カスタマージャーニー全体を通じた体験の設計とコントロール、すなわちCXマネジメントの実行が不可欠である。コロナ禍では、さまざまなチャネルの位置付けと重要性が刻一刻と変化し、そのたびにカスタマージャーニー全体の見直しが求められるため、CXマネジメントの難度が大きく上昇している。
  3. CXマネジメントを高レベルかつ迅速に遂行していくためには、デジタルテクノロジーの活用が重要である。デジタルテクノロジーを、①顧客の行動・反応の捕捉、②新たな体験の創出、に活用していくことで、リアルタイム性高く顧客のニーズや課題(ペインポイント)の変化を捉え、顧客体験を変革・創出するサイクルを遂行しやすくなる。
  4. デジタルテクノロジーを活用したCXマネジメントを有効に機能させるためには、CoE(Center of Excellence:組織横断的専門チーム)とサービス・業務特化型部隊の融合が不可欠である。組織変革に加え、顧客情報の統合管理と各チャネルのデジタル化を行うことで、CXの良し悪しを捕捉し、改善のためのオペレーションを各サービス・業務機能に落とし込んでいくプロセスが確立される。
  5. DXを目的とするのではなく、真に顧客が求めるCXの実現のためにDXを手段として推進し、永続的にマネジメントサイクルを繰り返すことが重要である。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(698KB)

執筆者情報

  • 中根 理史

    ブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパン

    シニアバイスプレジデント ロイヤリティサービス事業部長

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIフィナンシャル・グラフィックス
戦略マーケティング部
Mail : chiteki-dokusha@nri.co.jp
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。

新着コンテンツ