フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 知的資産創造 2021年11月号 アーキテクチャー視点から読み解くデータ活用の温故知新

特集 新たな発想が拓くDXの地平

アーキテクチャー視点から読み解くデータ活用の温故知新

2021年11月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. データドリブン経営に不可欠なデータアーキテクチャー
  2. データアーキテクチャーの再定義による成長企業の取り組み
  3. データアーキテクチャーと向き合う3つのポイント
  4. データ活用の温故知新

要約

  1. 製品のコモディティ化とデジタル技術の進展により、従来のモノづくりだけでは他社との差別化、新規顧客の獲得・維持が難しくなっている。消費者の嗜好がモノからコトへとシフトする中、多くの企業では、顧客体験価値の向上を目指して、製品中心から顧客中心にシフトするために、事業の中心となるデータの見直しを進めている。
  2. ビジネスとITの密接化が進む中、エンタープライズアーキテクチャー(EA)の重要性が再認識されている。データ活用でビジネスを変革・推進していくには、データアーキテクチャーの検討が不可欠となっている。
  3. データアーキテクチャーを検討することとは、事業の中心となるコアデータを特定し、データの構造・特性・関係性を示すデータモデルを定義し、データを収集・蓄積・処理する基盤となるデータプラットフォームを整備することである。
  4. データドリブン経営で成長し続ける企業は、顧客が誰なのか、顧客が成し遂げたいコトの本質が何かを見極め、顧客中心のデータアーキテクチャーを再定義し、データ活用を推進している。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(585KB)

執筆者情報

  • 下田 崇嗣

    ITアーキテクチャーコンサルティング部

    上席ITアーキテクト

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIフィナンシャル・グラフィックス
戦略マーケティング部
Mail : chiteki-dokusha@nri.co.jp
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。