フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 金融ITフォーカス

刊行物

金融ITフォーカス

金融ビジネスの最新トレンドについて市場環境、金融機関経営、業務改革などの観点からトピックを提供

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。

発行時期 : 毎月5日発行(原則)
誌型   : A4版・16ページ(通常)

メールマガジン『NRI金融ITイノベーション通信』をご希望の方は、以下のボタンからご登録ください。

メールマガジンを申し込む

最新の金融ITフォーカス

  • 金融市場

    脱炭素への着実な移行を支えるトランジション・ファイナンス

    サステナビリティ事業コンサルティング部 副主任コンサルタント 新美 雄太郎

    トランジション・ファイナンスは、パリ協定や脱炭素の実現に向けて、多排出産業を含むあらゆる産業の移行を支える手段となる。特に製造業に強みを持つわが国ではその役割は大きく、現在、経済産業省で進められる分野別ロードマップの策定はトランジション・ファイナンスの促進の鍵となる。

  • 金融市場

    「コロナで巣ごもり投資が増えた」は本当か?

    金融デジタルビジネスリサーチ部 上級研究員 竹端 克利

    「コロナの影響で在宅時間が長くなり「巣ごもり投資」が増加した」という指摘をよく聞くようになったが、実際の投資人口の拡大ペースは依然として緩慢である。状況を変えていくためには、これまでの延長線上にない発想の政策対応が必要である。

  • リスク管理

    BNPパリバの気候変動への取り組み

    金融デジタルビジネスリサーチ部 上級研究員 川橋 仁美

    世界の他の地域に先駆けて、脱炭素社会への移行に積極的に取り組んできた欧州の金融機関では、気候変動を経営に大きな影響を与える社会的課題として位置付け、息長く取り組んでいる。

  • リテールビジネス

    証券業界を取り巻くオンラインサービスの現状

    金融デジタルビジネスリサーチ部 主任研究員 金子 洋平

    証券会社のオンラインサービスは、今や広く普及してきている。しかし、オンラインサービスの利用を開始した時期により利用者のサービス利用状況は異なり、また、利用者がオンラインで利用したいサービスもここ数年で変化がみられる。これらを的確に捉えたサービス提供が競争力を高めるための鍵になる。

  • バンキング

    業務規制緩和による銀行のデジタルマーケティング進展への期待

    金融デジタルビジネス推進部 主任コンサルタント 佐藤 弘樹

    2021年5月の改正銀行法の成立により、銀行の業務範囲が緩和され、「データ分析・マーケティング・広告」業務が追加された。海外銀行では、法人顧客に対して自行のデータを開放し、法人顧客の成長に貢献している。国内においても今後、デジタルマーケティングの進展により取引先企業と個人をつなぐサービスの発展が期待される。

  • 保険の2030年アジェンダ

    保険リンク証券の課題と可能性

    証券ビジネスプラットフォーム推進部 上級システムコンサルタント 斎藤 信也

    自然災害の増加が再保険のリスク引受キャパシティを圧迫しており、資本市場へリスク移転を行う保険リンク証券(ILS)の重要性が増している。保険市場のリスクを資本市場に移転でき、投資家の分散投資にも役立つ保険リンク証券の利用拡大は社会的にも有益である。拡大が実現すれば保険会社の社会的価値向上にもつながるであろう。

  • 数理の窓

    悪い無限、良い無限

    遠藤 幸彦

    2005年、「レゴ®のエントロピーについて」と題する数学の論文が発表された。レゴ?そう、あのプラスチックのブロックのことである。著者は、最もシンプルな2×4の突起を持つ同色のブロックをn個使うと何通りの異なる形ができるかに興味を持った。

発行形式

発行時期
毎月5日発行(原則)
誌型
A4版・16ページ(通常)
購読形態
販売はしておりません。当サイトよりご覧ください。

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局
 E-mail:focus@nri.co.jp