フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 金融ITフォーカス 金融ITフォーカス一覧 ピザ一片の効用

金融ITフォーカス 2019年8月号 数理の窓

ピザ一片の効用

2019/08/05

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

1958年、フランコ・モジリアニとマートン・ミラーという二人の学者が、「税金や取引コストがないといった理論的条件下では、企業の資本構成は企業価値に影響を与えない」という内容の論文を発表した。つまり、企業価値を債権者や株主、政府といった請求権者の間でどう配分しようと、合計は変わらないと主張したのである。両著者の頭文字をとった「MMの無関連命題」は、企業財務論に革命的なインパクトを与え、二人は後にノーベル経済学賞を受賞した。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(941KB)

執筆者情報

遠藤 幸彦

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局
 E-mail:focus@nri.co.jp