フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 NRIパブリックマネジメントレビュー NRIパブリックマネジメントレビュー一覧 ESG投資の拡大を契機に持続可能な戦略の強化・見直しを

NRIパブリックマネジメントレビュー 2018年5月号

ESG投資の拡大を契機に持続可能な戦略の強化・見直しを

2018/05/01

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

 持続可能な社会構築は長期的でかつ不確実性のある課題であるため、過度な環境対策は不必要なコスト負担である、環境ビジネスは高リスクであると捉えられてきた。しかしながら、持続可能な社会構築に関わる戦略や活動が企業の持続可能性を左右すると投資家や株主等が考える時代になり、それらを把握・評価して投資に反映させる仕組みも整備されてきた。このため、ESG 投資が企業の持続可能な取り組み(環境対策・環境ビジネス)をさらに後押しすることが期待される。1992 年に採択された気候変動枠組条約から 20 年を超えて取り組まれてきた国際的な活動とその進展や成果が、投資家・株主等の認識を変化させた背景にあるだろう。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(286KB)

執筆者情報

科野 宏典

社会システムコンサルティング部

プリンシパル

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

お問い合わせ先

株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部
Fax:03-3273-6527
E-mail:nri-pmr@nri.co.jp