フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ レポート レポート一覧 2030年の住宅市場

レポート

2030年の住宅市場

~人手不足の深刻化により、飛躍的な生産性向上が求められる建設現場~

2018/06/13

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

概要

東日本大震災以降、建設業の人手不足が社会問題化している。2017年12月に公表された国勢調査の抽出詳細集計によると、2015年の大工人数は2010年の約40万人から約35万人に減少しており、将来的には建設業の人手不足がより深刻化することが懸念される。

今回のメディアフォーラムでは、NRIで定期的に予測している「新設住宅着工戸数」「リフォーム市場規模」「空き家数」の最新結果の公表に加え、「大工人数」の将来予測を行う。それらを整理することで、建設業界の人手不足問題が将来的に解消するのか、構造的な問題として存在し続けるのかを検証する。

当日の資料はこちら

ダウンロード

2030年の住宅市場
~人手不足の深刻化により、飛躍的な生産性向上が求められる建設現場~

ファイルサイズ:915KB

執筆者情報

榊原 渉

グローバルインフラコンサルティング部
部長 上席コンサルタント

大道 亮

グローバルインフラコンサルティング部
主任コンサルタント

亀井 敬太

グローバルインフラコンサルティング部
副主任コンサルタント

大西 直彌

グローバルインフラコンサルティング部
コンサルタント

御前 汐莉

グローバルインフラコンサルティング部
コンサルタント

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

お問い合わせ

株式会社野村総合研究所 コーポレートコミュニケーション部
E-mail:kouhou@nri.co.jp