フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ニュース イベント一覧 NRI学生小論文コンテスト NRI学生小論文コンテスト
よくあるご質問

セミナー・イベント

NRI学生小論文コンテスト
よくあるご質問

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

応募資格について

Q.1 専門学校生ですが応募は可能ですか?「大学生の部」と「高校生の部」のどちらに応募すればよいのですか?

A.1 専門学校の専門課程に在籍している場合は「大学生の部」に応募してください。専門学校または高等専修学校の高等課程に在籍している場合には「高校生の部」に応募してください。

Q.3 海外在住ですが、応募できますか?

A.3 入賞した場合の賞金の入金や、個人情報の規制があるため海外在住の方は応募いただけません。

Q.4 「大学生の部」の年齢制限が27歳なのに、同じ「大学生の部」に応募する留学生については、年齢制限が30歳なのはなぜですか?

A.4 留学生は、留学のために日本語など学ぶことが多く、また国による入学時期の違いもあるため、年齢制限を高くしています。

Q.5 以前「留学生の部」があったと思うのですが無くなったのですか?

A.5 「留学生の部」は「大学生の部」に統合しましたが、2020年度から賞のカテゴリーに「留学生特別賞」を新設しました。

Q.6 過去のコンテストで入賞したことがあります。今年も応募できますか?

A.6 より多くの方に入賞経験をしていただきたいため、過去に一度でも当コンテストに入賞されたことがある方には、応募をご遠慮いただいています。ただし、異なる部門であれば、応募いただけます。

Q.7 留学生特別賞の対象になるために、日本での在留資格の条件はありますか。

A.7 「出入国管理及び難民認定法」別表第1に定める「留学」の在留資格であることを条件としております。この条件を満たす方は、ご応募時のアンケートもしくは応募用紙の該当欄からお知らせください。
また、「留学」の在留資格をお持ちでない方も、留学生特別賞以外の賞の選考対象になりますので、奮ってご応募ください。

Q.8 卒業論文の内容で応募しても良いですか。

A.8 テーマに沿っていて、募集要項(字数など)を満たしていればご応募いただけます。入賞論文の著作権はNRIに帰属しますが、卒業論文として大学に提出したり公開したりすることは、問題ありません。

応募方法について

Q.2 2作品以上の論文を応募することは可能ですか?

A.2 複数の作品を応募いただくことに問題はありません。

字数・図表・引用などのルールについて

Q.1 他の著作物の図表をそのまま引用してもよいのでしょうか?

A.1 そのまま引用することは差し支えありませんが、文章の引用と同じく、どの著作物の図表の引用であるかを明記してください。また、小論文は電子ファイルで提出していただくため、図表についても、電子ファイルで作成の上、小論文の文書ファイルに貼り付けてください。

Q.2 要約は必須ですか?

A.2 要約は必ず記載してください。要約のない論文は審査対象外となります。

Q.3 論文タイトルは必須ですか?

A.3 独自の論文タイトルを必ずつけてください。タイトルのない論文は審査対象外となります。

最終審査会および表彰式について

Q.1   最終審査会および表彰式に参加する際の交通費や宿泊費はNRIが負担してくれるのですか?

A.1 最終審査会および表彰式に参加される入賞者の国内分の交通費は負担します。遠方(東京まで3時間以上が目安)からお越しの方については、宿泊費(1泊分)も負担します。

Q.2 最終審査会および表彰式は何時頃開催されるのですか?

A.2 13:00~18:00での開催を予定しています。

Q.3 最終審査会用のプレゼンテーション資料準備期間は、どのくらいあるのでしょうか?

A.3 対象者には、11月下旬ごろに最終審査会参加のお知らせをさせていただきます。資料の規定など詳細は、その中でお伝えします。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

新着コンテンツ