フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ サステナビリティ 情報開示・コミュニケーション

取り組み(企業統治)

情報開示・コミュニケーション

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

NRIでは、建設的な対話を通じて、株主・投資家の皆様の信頼を得るとともに、資本市場で適切な評価を受けるための努力を続けています。フェアディスクロージャー(公平な情報開示)を基本に、NRIの事業や中長期的な成長戦略などの理解の促進と、株主・投資家層のさらなる拡充に取組んでいます。

株主総会充実に向けた取組み

株主総会の活性化及び議決権行使の円滑化に向けて、以下のような取組みを行っています。

  • 集中日を回避した株主総会日程の設定
  • 株主の皆様が総会議案の十分な検討期間を確保できるよう、招集通知の早期発送に加え、発送日よりも前にNRI及び東京証券取引所のウェブサイトに掲載
    第56回定時株主総会:5月21日公開→6月18日開催 (約1ヵ月前)
  • ご承諾いただいた株主の皆様に招集通知の電磁的送付を実施
  • 招集通知(要約)の英文での提供
  • 株 主名簿管理人である信託銀行によるインターネットを用いた議決権行使機会を提供
  • ㈱ ICJが運営する「議決権電子行使プラットフォーム」による議決権行使機会を提供
  • 株主総会終了後に、株主の皆様を対象に「経営報告会」を開催

株主・投資家との対話の機会の充実

株主・投資家層の拡大を目指して、直接的・間接的なコミュニケーションによるNRIの事業活動や成長戦略の理解促進に努めています。2021年3月期は、主に以下の活動を実施しました。

株主
  • 株主アンケート: 株主14,538名に発送し、4,139名より回答(回収率28.5%)
機関投資家・
アナリスト
  • 国内外での個別面談人数:延べ713名
  • 国内: 四半期ごとの決算説明会、個別面談に加えて、経営者とのスモールミーティング、事業説明会、ESG説明会等を開催
  • 海外: オンラインによる海外ロードショーの実施に加えて、海外バーチャルカンファレンスに参加
個人投資家
  • 個人投資家説明会:計2回実施(オンライン開催)
    参加者数 延べ1,430名

適切な情報開示

株主・投資家をはじめとするステークホルダーに対する説明責任を果たすため、以下の活動をはじめとして、適時開示の遂行と情報開示の一層の充実に努めています。

  • 長期経営ビジョンや中期経営計画(中長期の戦略、数値目標等)の開示
  • 「情報開示会議」を設置し、開示資料の作成プロセスや適正性を確認
  • ウェブサイトの「株主・投資家情報(IR)」にて、決算情報等を速やかに掲載
  • 個人投資家向けの専用サイトを設け、開示情報の充実とわ かりやすさの向上を推進
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn