フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 用語解説 用語解説一覧 BPR

用語解説 組織・コーポレートガバナンス

BPR

Business Process Re-engineering

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

業務本来の目的に向かって既存の組織や制度を抜本的に見直し、プロセスの視点で、職務、業務フロー、管理機構、情報システムをデザインしなおすこと。

BPRは、業務の本来の目的に向かって、既存の組織や制度を抜本的に見直し、プロセスの視点で、職務、業務フロー、管理機構、情報システムをデザインしなおす(リエンジニアリング)という考え方です。1993年にマイケル・ハマーとジェームス・チャンピーの共著として発表された『リエンジニアリング革命』によって世界的に有名になりました。

BPRの考え方

BPRの発想が生まれた背景には、専門化され、プロセスが分断された分業型組織への反省があります。このような組織は一般的な傾向として、各組織が自らの責任を果たすことのみに注力します。その結果、全体最適が犠牲にされることは問題とされず、様々な非効率が発生するわけです。組織をまたいで業務が受け渡されるたびに繰り返される点検などはその典型です。

このような状況を根底から改革しようとするアプローチがBPRです。全社が共通に目指すことのできる目標(中長期的事業戦略や顧客のニーズが使用されることが多い)設定、トップダウンによるプロジェクト組成、既存の枠組みにとらわれないゼロベースの思考、ITの積極的活用、担当者への権限委譲などにより、目標に向かった全体最適を追求していくのが特徴です。

BPRの進め方と難しさ

BPRの進め方は、他社のベストプラクティスをもとに構築されたERPパッケージを導入する方法と、自らの業務プロセスを分析・可視化し構築する方法に大別されます。ERPパッケージはノンカスタマイズで導入することで、検討の時間とシステム投資を抑えることが謳い文句ですが、業務が標準化されていない日本企業では大規模なカスタマイズが行われるケースが多いようです。

BPRは、大規模な業務方法の変更や、システム再構築を伴うことが多く、変化による混乱が生じたり、莫大な投資に見合った効果が得られないといった事態が発生したりするのも事実です。何のためにBPRを行うかを明確にし、正確な業務分析をもとに、実行可能で効果が期待できるプロジェクトを組成することが、BPRで成果を出すカギといえるでしょう。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn