フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 知的資産創造 知的資産創造一覧 知的資産創造 2021年2月号 アナリティクスとの融合による衛星データを活用したイノベーション創出

NAVIGATION & SOLUTION

アナリティクスとの融合による衛星データを活用したイノベーション創出

2021年2月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

CONTENTS

  1. はじめに
  2. 衛星データの概要
  3. 国内外の衛星データビジネスの現状と課題
  4. ビジネスでの活用におけるシーズ側でのブレークスルー
  5. 衛星データビジネスを創る3つのアプローチ
  6. 具体的に企業ができること

要約

  1. 衛星データ活用は、グローバルな宇宙産業において最も市場規模が大きく幅広い域で利活用が見込まれている。しかし実際にビジネスとしてマネタイズに成功した事例は多くなく、ユーザーのニーズにデータ側のシーズが追いついていないのが現状である。衛星データのアナリティクスとの融合は大きなポテンシャルを秘めるが、衛星データはその技術的特殊性の高さから扱いが難しく、シーズをビジネスニーズへと橋渡しできる人材が不足しているという課題がある。
  2. 野村総合研究所(NRI)では、衛星データビジネスを創出するためのアプローチとして、「新規事業を目指す」「コスト削減を狙う」「CSRとして提案する」の3つを提唱する。その実現のためには、データ起点ではなく課題起点で考えるワークショップの開催や、自社データを衛星データと同化させることによるインテリジェンスの創出を考えていくことが必要である。
  3. 衛星データを保有するデータプロバイダーと、実利用を模索するユーザー企業にはまだ大きなギャップがある。本稿では、日本また世界における衛星データの活用事例やプレーヤー動向を分析し、業界としての近年のトレンドと課題を整理した。DXの潮流を汲んだ衛星データビジネスの創出に向け、ユーザー企業またデータプロバイダーの向かうべき方向を提言する。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(1.35MB)

執筆者情報

  • 森 裕和

    DXコンサルティング部

    コンサルタント

  • 岸 浩稔

    ICTメディア・サービス産業コンサルティング部

    主任コンサルタント

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

購読に関するお問い合わせ先

年間購読をご希望される方は、下記問い合わせ先へお願いします。

NRIフィナンシャル・グラフィックス
戦略マーケティング部
Tel:03-5877-7535(平日9:30~17:00) Fax:03-5877-7536

※FAXでのお問い合わせは下記お申し込み用紙をご使用ください。