フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ 刊行物 金融ITフォーカス 金融ITフォーカス一覧 米国投信動向-金利引き上げ局面の中で債券投資が回復

金融ITフォーカス 2018年7月号 海外トピックス

米国投信動向-金利引き上げ局面の中で債券投資が回復

2018/07/05

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

 米国金融危機以降、過去10年間の債券ファンドへの投資動向を振り返ると、再投資分を含め2.2兆ドルの資金が流入している。この期間の中で、とくに大きな資金が流入したのは金利の低下やクレジットスプレッドの縮小が続いた2009-12年であった。その後テーパー・タントラムで金利が上昇した2013年から低金利が続いた15年までは売り越しとなっている。米国投資信託協会(ICI)は債券ミューチュアルファンドへの投資家の資金フローがトータルリターンとの連動性が高いことを長年指摘している(株式ファンドも同様の動きがみられる)が、2009~15年の動向もこの指摘に沿ったものと言える。

PDFファイルでは全文お読みいただけます。

全文ダウンロード(795KB)

執筆者情報

荒木 充衛

金融イノベーション研究部

契約研究員

※組織名、職名は現在と異なる場合があります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局
 E-mail:focus@nri.co.jp