フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 NRIパブリックマネジメントレビュー NRIパブリックマネジメントレビュー一覧 NRIパブリックマネジメントレビュー 2021年3月号

NRIパブリックマネジメントレビュー 2021年3月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

NRIは、中央省庁、地方自治体及び企業の皆様のニーズに応えて、さまざまな調査研究・コンサルティング活動を行っています。
『NRIパブリックマネジメントレビュー』は、その活動の成果や問題意識について広く皆様方に公開し、日頃の政策立案や事業展開のお役立ていただくための月刊ニュースです。

※組織名、職名は掲載当時のものです。

当サイト公開時期 : 毎月第3月曜

  • 研究開発を「費用」から「投資」に

    コンサルティング事業本部 副本部長

    小林 敬幸

    新型コロナウイルスのワクチン開発は、これまでにないスピードで各製薬メーカーが取り組んできた。中でも、米国ファイザーや英国アストラゼネカがいち早い商品化を果たしたが、これら2社はいずれも自社単独でワクチン開発を行ったわけではない。ファイザーはドイツ医薬品ベンチャーのビオンテックとの共同研究であり、アストラゼネカはオックスフォード大学との共同研究の成果である。ファイザーでは、2020年3月の新型コロナウイルスが世界的に拡大し始めた時点で、共同研究契約をビオンテックと締結する対応の速さだ。

  • バリューベース・ヘルスケアによる医療の変革

    グローバル製造業コンサルティング部 グループマネージャ

    松尾 未亜

    グローバル製造業コンサルティング部 上級コンサルタント

    藤田 亮恭

    1. はじめに
    2. バリューベース・ヘルスケアがもたらす医療の変革
    3. “データ・セントリック”が鍵
    4. おわりに

  • スティグマ解消による“隠さなくて良い社会”の実現を目指して

    グローバル製造業コンサルティング部 プリンシパル

    若林 城将

    グローバル製造業コンサルティング部 主任コンサルタント

    高田 篤史

    1. はじめに -なぜ今、スティグマをテーマとするのか-
    2. スティグマのない「隠さなくて良い社会」がダイバーシティー&インクルージョンの土台となる
    3. スティグマ解消に向けた現状と企業のさらなる取り組み余地
    4. 企業ができるスティグマ解消の取り組みと意義

  • 住宅の部分断熱改修による、健康で快適な暮らしの促進を

    社会システムコンサルティング部 コンサルタント

    瀧山 拓哉

    新型コロナウイルス感染症拡大によるテレワーク推進や、外出自粛要請等もあり、生活の質を左右する住環境の重要性が増している。実際に、ミサワホーム総合研究所の調査では4割以上が「家で過ごす時間をより快適にするために住まいに手を加えた(計画した)」と回答する※1など、住環境に関する関心・優先度は高まっているといえる。

お問い合わせ先

株式会社野村総合研究所 コンサルティング事業本部
Fax:03-3273-6527
E-mail:nri-pmr@nri.co.jp