フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ソリューション・サービス マネジメントコンサルティング 公募案内・採択結果 令和3年度補正予算「蓄電池の国内生産基盤確保のための先端生産技術導入・開発促進事業」にかかる事業実施者の公募のお知らせ

令和3年度補正予算「蓄電池の国内生産基盤確保のための先端生産技術導入・開発促進事業」にかかる事業実施者の公募のお知らせ

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

事業概要

株式会社野村総合研究所は、経済産業省からの受託事業「蓄電池の国内生産基盤確保のための先端生産技術導入・開発促進事業」を実施いたします。

事業イメージ

2050年の脱炭素社会を目指し、再生エネルギーの最大活用が重要な課題となっており、そのために必要不可欠な蓄電池を大量・安定供給するための国内基盤整備が極めて重要になっています。

このため、先端的な蓄電池・材料・部材の国内生産基盤やリサイクル拠点を確保し、こうした生産基盤等を活かした研究開発を強化することで、我が国における蓄電池のサプライチェーンの強靱化を図ることを目的として本事業を開始いたします。

更新履歴

  • 令和4年8月10日

    二次公募の説明会案内を掲載しました。

  • 令和4年8月3日

    • 二次公募の公募予告を公開しました。
    • 関連資料(概況資料及びFAQ)はページ下部にある関連ファイルの【二次公募】をご確認ください。

公募案内

「蓄電池の国内生産基盤確保のための先端生産技術導入・開発促進事業」(二次公募)の公募予告について

「蓄電池の国内生産基盤確保のための先端生産技術導入・開発促進事業」については、事務局を通じて、以下のとおり募集を行う予定です。

概要

2050年カーボンニュートラル実現に向けた自動車の電動化や再生可能エネルギーの普及拡大の鍵となる蓄電池について、先端的な蓄電池・材料・部材の生産技術、リサイクル技術を用いた大規模製造拠点を国内に立地する事業者に対し、そのために必要となる建物・設備への投資及びこうした生産技術等に関する研究開発に要する費用を支援します。

公募期間

令和4年8月22日の週~10月3日の週(予定)

公募概要
  • 8月3日時点での予定であり、今後変更される可能性があります。詳細は公募開始時に公表する公募要領をご確認ください。

1.補助対象事業
本補助金の対象となる事業(補助対象事業)は、以下の分類A、分類B、分類Cに該当する事業とします。

  • ◆分類A:

    車載用(駆動用)蓄電池(乗用自動車用および軽自動車/貨物自動車用)、定置用蓄電池に関して、先端的なリチウムイオン電池の国内生産基盤を確保するための設備投資及び研究開発投資を行う事業

  • ◆分類B:

    先端的なリチウムイオン電池の材料・部材に関して、国内生産基盤を確保するための設備投資及び研究開発投資を行う事業

  • ◆分類C:

    廃棄される車載用(駆動用)・定置用リチウムイオン電池又はその処理物、工程端材等からリチウムイオン電池材料へとリサイクルする工程に関して、国内のリサイクル拠点を確保するための設備投資及び研究開発投資を行う事業

  • それぞれの分類に対して、一定の要件を課しています。詳細は概要資料および公募開始時に公表する公募要領をご確認ください。

2.補助対象経費

①設備投資(生産設備)

  • 建物取得費

  • 設備費

  • システム購入費

②研究開発投資

  • 機械装置費(機械装置等製作・購入費、土木・建設工事費、保守・改造修理費)

  • 労務費(研究員費・補助員費)

  • その他経費(システム購入費、消耗品費、旅費、外注費、諸経費)

  • 委託費・共同研究費

3.補助率

①は1/3(補助対象経費が150億円を超える部分は1/4)

②は1/2

  • 企業の規模によらず一定です。
  • 上限額の設定があります。詳細は概要資料および公募開始時に公表する公募要領をご確認ください。

4.事業期間

【①設備投資】

原則として令和8年3月31日まで

【②研究開発投資】

令和9年3月31日まで

5.投資計画の公表について

令和3年12月21日より前に対外発表した投資計画は本事業の補助対象外となります。

6.事前着手

補助事業の着手は交付決定日以降が大原則ですが、本事業では、応募時に事前着手の申請を行い、当該申請が承認された場合、補助金の交付決定前に事前着手することが可能です。ただし、事前着手の承認が得られたとしても、交付決定を約束するものではありませんのでご注意ください。
事前着手により本事業を実施する際には、事前着手承認通知に記載の「事前着手開始日として認める日」(※1)以降に実施した発注、購入、契約等に係る経費を補助対象経費として申請することができます。ただし、発注方法(入札・相見積もり等)や経理書類の保管等は、補助金のルールに従うことが必要となります。また、事前着手の必要性が不十分と判断した場合は、事前着手の承認は認められませんのでご注意ください。(※2)

  • ※1

    令和3年12月21日以降の日付となります。令和3年12月21日より前に行った発注、購入、契約等に係る経費は補助対象となりませんので、ご注意ください。

  • ※2

    経済性の観点から三者見積りを取り、三者見積りの中で最低価格を提示した者を選定する必要があります。また、原則として、仕様→見積→契約・発注→完了報告・納品→検収→支払の手順によって経理処理を行うことになります(経済産業省補助事業事務処理マニュアル P33 11.委託・外注費に関する経理処理 を参照)。この点は事前着手を行う場合でも同様の手続きを経る必要があります。

7. 他の補助金との併用について

国が助成する他の制度との併用は原則認めておりませんが、一部例外的に認められる補助金があります。(例:自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金(サプライチェーン対策投資促進事業))不明な点がありましたら事前に事務局までご相談ください。

説明会の実施

本件に関する説明会を以下のとおり実施します。

【開催日時】

令和4年8月31日(水)17時00分

【申込方法等】

問い合わせ先へ、連絡先(社名、部署・役職名、氏名、電話番号、メールアドレス)を令和4年8月29日(月)17時00分までに電子メールにて送信(登録)してください。後日、登録いただいたメールアドレスにZoom WebinarのURL等を事前連絡させて頂きます。
Zoomが利用できない場合、あるいは上記日程では参加できない場合は、電子メールによる登録の際に事務局に相談してください。
なお、メール送信の際は、件名(題名)を必ず「令和3年度補正予算:蓄電池の先端生産技術導入・開発促進事業 説明会出席登録」と明記願います。

応募方法・公募方法
  • 公募は電子申請システムjGrants を通じて行います。

  • 公募開始時にjGrantsに公募要領等の詳細情報を掲載します。

  • jGrantsでの補助金の申請には、gBizIDプライムが必要となりますので、応募をご検討予定でgBizIDプライムを取得されていない場合は、お早めにID発行を申請されることをお勧めします。詳細は、gBizIDのホームページ をご確認ください。

  • 公募開始のお知らせは、経済産業省HPの公募情報及び事務局である(株)野村総合研究所のホームページ にも掲載します。

  • 上記ページ内にあります一次公募時の資料については、基本的に参考にしていただけますが、二次公募の内容と同一ではございませんのでご注意ください。

お問合せ先

野村総合研究所 蓄電池 先端生産技術導入・開発促進事業事務局
E-MAIL:meti-batt-koubo2@nri.co.jp

関連ファイル

【一次公募】

【二次公募】

  • 以下は一次公募時の情報
概要

蓄電池分野で先端生産技術導入・開発を行う事業として、以下の分類A、分類B、分類Cに該当する補助事業を対象に、それぞれ事業実施者を公募します。

  • ◆分類A:

    車載用(駆動用)蓄電池(乗用自動車用および軽自動車/重量車用)、定置用蓄電池に関して、先端的なリチウムイオン電池の国内生産基盤を確保するための設備投資及び研究開発投資を行う事業

  • ◆分類B:

    先端的なリチウムイオン電池の材料・部材に関して、国内生産基盤を確保するための設備投資及び研究開発投資を行う事業

  • ◆分類C:

    廃棄される車載用(駆動用)・定置用リチウムイオン電池又はその処理物、工程端材等からリチウムイオン電池材料へとリサイクルする工程に関して、国内のリサイクル拠点を確保するための設備投資及び研究開発投資を行う事業

  • 補助事業の区分毎に公募要件が異なります。詳細は、「公募要領」にてご確認ください。
提出期限

(受付終了)
令和4年4月28日 正午まで
1次公募の受付は終了しました。2次公募は別途ご案内いたします。

提出先

【提出先】

本公募では、補助金申請システム「jGrants」にて応募を受け付けます。

jGrants本補助金Topページ:https://www.jgrants-portal.go.jp/subsidy/a0W2x000006EehcEAC

jGrantsでは、電子的に申請を受け付けるとともに、当該申請システムを通じて行われた申請に対する事務局からの通知は、原則として当該申請システムで通知等を行います。jGrantsを利用するには、GビズIDの取得が必要です。

jGrants操作方法:https://www.jgrants-portal.go.jp/

画面上部「申請の流れ」タブ>「事業者クイックマニュアル」をご確認ください。

説明会

【開催日時】(終了)
令和4年3月29日(火)16時00分

本件に関する説明会は、終了いたしました。
当日の説明会の動画は下記URLからご確認ください。

https://player.amplugged.com/#/nrivoice/video/High/storage_battery_2022/storage_battery_2022.m3u8

お問い合わせ

現在公募期間外(2次公募の詳細公開前)のため、
公平性の観点から個別の案件に関するご質問を受け付けておりません。
ご質問がある事業者様は、公募開始後にご連絡いただけますようよろしくお願いいたします。

株式会社 野村総合研究所 サステナビリティ事業コンサルティング部内
「蓄電池 先端生産技術導入・開発促進事業」事務局係
〒100-0004 千代田区大手町1-9-2 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

※2次公募開始後、問い合わせ用メールアドレス掲載予定

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn