フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ サステナビリティ NRIグループのサステナビリティ方針

サステナビリティマネジメント

NRIグループのサステナビリティ方針

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

 NRIは、「未来創発」の企業理念の下、本業であるコンサルティングやITソリューション等を通じて、サステナブルな社会の創出に貢献していきます。近年注目されているCSV(Creating Shared Value:社会的価値と経済的価値の両立)の考え方は、NRIの企業理念には既に内在しており、社会と共有できる価値(Shared Value)を創造(Create)する企業経営をこれまで推進してきました。
    NRIでは、2017年5月に、国連グローバル・コンパクトへの参加を表明し、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けた取組みを進めています。また、ISO26000(社会的責任に関する手引)、GRIガイドライン第4版、Dow Jones Sustainability Indices(DJSI)、SASB(米国サステナビリティ会計基準審議会)等の国際基準・ガイドライン、社外有識者の意見等を参考に、経営の視点や社外ステークホルダーの視点から、優先度が高い4つのマテリアリティ(重要課題)を特定しています。
    そして、マテリアリティの解決に向けた活動計画を立案し、実行するとともに、定期的に進捗状況を評価し、活動計画やマテリアリティ自体の見直しを行っています。

NRIグループのサステナビリティ経営とめざす姿

 NRIグループは、社会課題の解決によって持続可能な社会づくりに貢献することで、NRIグループ自身も持続的に成長していこうと考えています。それが、NRIグループのサステナビリティ経営の基本的な考え方です。
    NRIグループのサステナビリティ経営は、「中期経営計画2022」で定めた財務目標と、成長戦略と連動した非財務目標「持続的成長に向けた重要課題」、CSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)への取組みである「価値共創を通じた社会課題の解決」の3つで構成されています。
    NRIグループは、これらの目標とCSVに向けた取組みを通じて、企業理念である「未来創発」、ひいては、NRIの持続的成長と持続可能な社会づくりを実現します。

NRIグループのサステナビリティ経営とめざす姿

NRIらしい3つの社会価値

 NRIは、NRIらしい3つの社会価値を以下のように定義しており、NRIグループの事業との関連性を整理し、経営のPDCA(計画―実行―分析・検証―改善のサイクル)に組み込んでモニタリングを行っています。

NRIらしい3つの社会価値

サステナビリティ推進体制

 NRIでは、サステナビリティ推進体制として、「社会価値創造推進委員会」と「サステナビリティ推進委員会」を社長特命で設置し、両委員会での調査や議論を踏まえて、経営会議等に提言を行っています。

サステナビリティ推進体制
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn