フリーワード検索


タグ検索

注目キーワード
業種
目的・課題
専門家
国・地域

NRI トップ NRI JOURNAL FinTechとは何か?

NRI JOURNAL

未来へのヒントが見つかるイノベーションマガジン

FinTechとは何か?

2016/10/31

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

FinTechとは、金融(Finance)」と技術(Technology)を組み合わせた造語であり、ITを活用した革新的な金融サービス事業を指します。NRIは、米国の専門誌が発表しているFinTech企業ランキングで7年連続のトップ10入りを果たすなど、一貫してこの分野をリードしています。FinTechに関するNRIの様々なオピニオンを、この場を通じて発信していきます。

 

進化するFinTech

 

「FinTechとは、金融(Finance)」と技術(Technology)を組み合わせた造語であり、主に、ITを活用した革新的な金融サービス事業を指す。(後略)」

 

最近は日本でも、連日のようにFinTechに関する報道が相次いでおり、ある種の「FinTechブーム」といえる状況なのですが、FinTechは論者によって微妙にずれており、議論がかみ合っていないケースが多いように思われます。その最大の理由は、FinTechが時とともに概念を進化させてきたからです。

 

NRIでは、FinTechの概念を時間軸に沿って、「FinTech 1.0」から「FinTech 4.0」まで4段階に分けて整理しています。

 

 

FinTech 1.0:ITによる金融の効率化・高度化

 

ITを活用して金融機能の効率化・高度化を目指す動きがFinTech 1.0で、「バックオフィスの効率化」「決済の高度化」「セキュリティの向上」「新たなチャネル拡大とチャネルの統合」の4つの領域で進展しています。規制に対応するFinTechを、「レグテック(Reg Tech:Regulation Technology)と呼ぶこともあります。

 

FinTech 2.0:ディスラプター(破壊者)たちによる金融ビジネスのアンバンドリング

 

既存の金融機関は、決済、預金、融資などの多様なサービスを一貫して提供できる唯一の存在です。こうした複合的な金融サービスを提供するためには、これまで大規模なインフラやシステムが必要でした。しかしITの進展によって、これまで1つの金融機関から一体的に提供されていた金融機能を分解して提供することが容易になり、他業界からの金融サービスへの参入障壁を低下させています。こうした現象を「アンバンドリング」と呼びますが、既存の金融ビジネスをアンバンドリングしようとするFinTechベンチャーとかFinTechスタートアップ企業といわれる「ディスラプター(破壊者)」たちが登場してきています。

 

現在、世間から注目を集めているFinTechとは、こうした「FinTech 2.0」の動きを中心としたものといえます。

 

FinTech 3.0:APIエコノミーの勃興

 

FinTech 2.0における金融機能のアンバンドリングは、金融機能を「部品化」する試みといえます。この部品化された機能を、改めてつなぎ合わせて提供する動きが起こりますが、その際に使用される仕組みがAPI(Application Programming Interface)と呼ばれるものです。APIとは、あるソフトウェアから別のソフトウェアの機能を呼び出す手順や規則を指す言葉で、外部のプログラムやサービスやデータを「部品」として活用できるのです。

 

FinTechベンチャーなどによって提供されている複数のAPIを統合的に活用することで、既存の金融機関に匹敵するサービスを生み出すことが可能になる段階が、FinTech 3.0です。

 

また、FinTech 3.0の時代には、全く新たな技術革新が金融に応用されるようになります。それが人工知能(AI)とブロックチェーンです。この2つの技術は、APIによる金融ビジネスの変化を更に加速・拡大させることになります。

 

FinTech 4.0:金融ビジネスのリバンドリング

 

過去のインターネットサービスで見られたように、アンバンドルされたサービスは、いずれ少数のプラットフォーム企業によって再統合されていきます。例えば、ヤフーやグーグルなどは、それまで個別に提供されていたWebサービス(電子メール、カレンダー、動画配信など)を1つのIDで統合的に利用できる環境を作り出しました。このようなインターネットの世界で起きたビジネスモデルの変化が、金融の世界でも繰り返されます。

 

アンバンドリングされた金融サービスがAPIとして提供され、そのAPIをつなぎ合わせることで、金融機関も金融機関以外の事業者も、新たな金融サービスを作り出せる時代が到来します。その際のプラットフォームとなる企業は、非金融領域の企業が担う可能性が高いと思われます。この段階が、FinTech 4.0です。

 

FinTechをリードするNRI

 

そもそも金融とITは、FinTechという言葉が登場する以前から、切っても切れない密接な関係にあります。米国の金融専門誌『American Banker』は、08年から金融ITサービスベンダーを対象とした「FinTech Forward Rankings」を発表しています。

 

ちなみにNRIは、10月5日に発表があった「FinTech Forward Rankings」で2016年の第10位に、それに先んじて9月7日に発表された「FinTech Rankings」(IDC Financial Insightsが発表するランキング)で第9位に選ばれました。これら2つのランキングでは7年連続のトップ10入りとなるなど、NRIは一貫してこの分野をリードしています。

 

ニュースリリース「金融ITサービス企業の世界ランキング2種トップ10入り」

 

FinTechに関するNRIの様々なオピニオンを、今後もこの場を通じて発信していきたいと考えています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn
NRIジャーナルの更新情報はFacebookページでもお知らせしています

お問い合わせ

株式会社野村総合研究所
コーポレートコミュニケーション部
E-mail: kouhou@nri.co.jp

ACCESS RANKING