フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ サステナビリティ NRIグループの環境への取り組み NRIグリーンボンド

取り組み(環境)

NRIグリーンボンド

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

NRIグリーンボンドとは

NRIは「未来創発」をコーポレート・ステートメントに掲げ、企業価値向上のためのESGの取組みを実践しています。
NRIらしいESGの取組みとして、以下の概要にてNRIグリーンボンド(株式会社野村総合研究所第3回無担保社債)を発行しました。NRIグリーンボンドの発行により、当社のグリーン投資の実践と国内のグリーン投資の活性化を促し、持続的な未来社会の実現をリードすることを目的としています。

NRIグリーンボンド概要

  • ※1:

    NRIグリーンボンドがグリーンボンド原則(*)に沿った社債であるかについて、ESG(環境、社会、ガバナンス)評価会社であるVigeo SASが展開するVigeo Eirisによる独立した意見

    *グリーンボンド原則(Green Bond Principles):国際資本市場協会(ICMA)が事務局機能を担う民間団体であるグリーンボンド原則執行委員会(Green Bond Principles Executive Committee)により策定されているグリーンボンドの発行に係るガイドライン
    http://www.icmagroup.org/Regulatory-Policy-and-Market-Practice/green-bonds/green-bond-principles/

上記、NRIグリーンボンドは、2016年9月9日付で、株式会社格付投資情報センター(R&I)による「R&Iグリーンボンドアセスメント」(※2)の最上位評価である「GA1」(グリーンボンドの調達資金が、環境問題の解決に資する事業に投資される程度が非常に高い)を取得しました。

ダウンロード(PDF版)

グリーンボンドアセスメント

ファイルサイズ:322KB

  • ※2:

    グリーンボンドで調達された資金が、環境問題の解決に資する事業に投資される程度に対する、R&Iの意見であり、GA1(非常に高い)~GA5(低い)の5段階の符号で評価される。

本情報は当社による社債の発行を一般に公表することのみを目的とするものであり、いかなる証券についての投資勧誘行為又はその他の類似行為を行うためのものではありません。

信託受益権の一部売却及び新たな充当先の決定について

2021年5月、当社は「NRIグリーンボンド」(第3回無担保社債)で取得した横浜総合センター(横浜野村ビル)(※1)の信託受益権の60%を売却し、売却による資金は、適格なグリーンプロジェクトに充当するまで専用口座において管理して参りました。当社は信託受益権の一部売却後も横浜野村ビルを使用しており、継続して環境負荷低減に向けた事業活動を行っております。
今般、2021年7月に大阪第二データセンター(O2DC)第二棟(※2)の建設プロジェクトを適格なグリーンプロジェクトとすることを決定いたしました。O2DC第二棟の建設プロジェクトは2021年11月に着工予定、2023年2月に竣工予定であり、総額は約49億円となる見込みです。なお、適格性の判断及び資金の管理等につきましては、グリーンボンド・フレームワークをご参照ください。
今後も、適格なグリーンプロジェクトについては、環境改善効果の観点を踏まえ、グリーンボンド・フレームワークに則り、財務部門とサステナビリティ推進部門とで組織横断的に検討し、決定後は資金の充当状況及び当該プロジェクトによる環境改善効果を社債の償還まで、毎年、ESGデータブックにてレポーティングを行う予定です。

  • ※1

    :横浜総合センター(横浜野村ビル)が取得した環境認証

    • CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Sランク
    • LEED Gold
    • DBJ Green Building認証 5つ星(*)
    • SEGES(社会・環境貢献緑地評価システム)
    *国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル

     

  • ※2

    :大阪第二データセンター(O2DC)第二棟

    O2DC第二棟は、1965年創業以来、半世紀に亘るデータセンター運営を通じて培った環境マネジメント技術やセキュリティノウハウを搭載したデータセンターです。
    NRIが特許取得しているダブルデッキシステムを採用、冷房負荷の最小化や効率的な処理等の環境負荷低減への工夫(*)を凝らしています。
    金融業界をはじめとした様々な業界のお客様に安心してご利用いただけるサービスレベル(**)を実現しています。

    *ダブルデッキシステム等の環境負荷低減への工夫は下記をご参照ください(増設後のO2DCの設計PUE:1.5未満)
      https://www.nri.com/jp/sustainability/environment/Green_of_NRI/data_center
    **JDCCのデータ・ファシリティ・スタンダードのティア4相当

横浜野村ビル概要

  • 名称

    横浜野村ビル

  • 所在地

    神奈川県横浜市西区みなとみらい4-4-1

  • 入居フロア

    2階~17階

  • 環境認証

    CASBEE(建築環境総合性能評価システム)Sランク

    LEED Gold

    DBJ Green Building認証 5つ星*

    SEGES (社会・環境貢献緑地評価システム)

    *国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル

プロジェクトの状況

NRIは、2017年4月にNRIグリーンボンドの資金使途となる横浜総合センター(横浜野村ビル)の信託受益権を取得し、合わせて賃借人として利用を開始しています。

表「分野別項目別プロジェクト状況」

対象施設の環境評価

横浜総合センター(横浜野村ビル)

環境負荷情報 INPUT(資源利用)

表「エネルギー資源別消費量」

環境負荷情報 OUTPUT(環境影響)

表「エネルギー資源別温室効果ガス排出量」

横浜みなと総合センター (横浜ダイヤビル)

環境負荷情報 OUTPUT(環境影響)

表「床面積当たり、または従業員一人当たりの温室効果ガス排出量」

横浜野村ビルと横浜ダイヤビルとの比較

表「従業員一人当たり排出量の改善率」

  • 注) 
    • 1. 

      横浜野村ビルの環境評価を実施するに当たり、主たる移転元である横浜ダイヤビルを比較対象としています。

    • 2. 

      従業員一人当たり排出量は、当社のオフィス基準で定める従業員一人当たりの標準利用面積2.5坪を基に算出しています。

    • 3. 

      横浜野村ビルのエネルギー資源は電気、都市ガス、冷水・蒸気であるため、当該資源を対象として総熱量、温室効果ガス排出量、床面積当たり排出量、従業員一人当たり排出量を算出しています。

    • 4. 

      マーク(✓)箇所については、EY新日本有限責任監査法人による限定的保証を取得しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn