フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ サステナビリティ NRIグループの環境への取り組み NRIサステナビリティ・リンク・ボンド

取り組み(環境)

NRIサステナビリティ・リンク・ボンド

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

NRIサステナビリティ・リンク・ボンドとは

NRIは、気候変動問題及び環境汚染を含む地球環境問題への取組みを世界共通の問題であると認識し、企業価値向上のためのESGの取組みを実践しています。
NRIらしいESGの取組みとして、2016年9月に国内事業会社として初めて発行したグリーンボンドに続き、以下の概要にてNRIサステナビリティ・リンク・ボンド(※1)(株式会社野村総合研究所第8回無担保社債)を発行しました。NRIは、「未来創発」の企業理念のもと、NRIサステナビリティ・リンク・ボンドを通じて資金調達手段の多様化と、資金調達の安定性向上に努めるだけではなく、環境問題をはじめとした社会課題に対し、様々なステークホルダーの皆さまとともに新たな価値を創造し、今後もサステナブルな未来社会の創出に貢献していきます。

NRIサステナビリティ・リンク・ボンド概要

名称 NRIサステナビリティ・リンク・ボンド(株式会社野村総合研究所第8回無担保社債)
発行日 2021年3月26日
期間 12年(期限前償還条項付)
発行総額 50億円
条件決定日 2021年3月19日
SPTs(※2)
  • 2030年度 NRIグループの温室効果ガス排出量72%削減(2013年度比)
    (Scope 1+2)

  • 2030年度 データセンターの再生可能エネルギー利用率70%

信用格付 AA- (株式会社格付投資情報センター)
セカンドオピニオン(※3) セカンドオピニオン(V.E(Vigeo Eiris))
セカンドオピニオン(株式会社格付投資情報センター)
社債要項 社債要項
発行登録追補目論見書 発行登録追補目論見書
フレームワーク フレームワーク
  • (※1)

    あらかじめ定められたサステナビリティ/ESGの目標を達成するか否かによって条件が変化する債券のこと。サステナビリティ・リンク・ボンドの発行体は、あらかじめ定めた時間軸の中で、将来の持続可能性に関する成果の改善にコミットする。具体的には、サステナビリティ・リンク・ボンドは、発行体があらかじめ定めた重要な評価指標(以下「KPI」という。)とサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下「SPTs」という。)による将来のパフォーマンスの評価に基づいた金融商品であり、KPIに関して達成すべき目標数値として設定されたSPTsを達成したかどうかによって、債券の条件が変化する。

  • (※2)

    サステナビリティ・リンク・ボンドの発行条件を決定する発行体の経営戦略に基づくESG目標のこと。

  • (※3)

    NRIサステナビリティ・リンク・ボンドが、サステナビリティ・リンク・ボンド原則(*)に沿った社債であるかについての、V.E(Vigeo Eiris)及び株式会社格付投資情報センターによる独立した意見のこと。

本情報は当社による社債の発行を一般に公表することのみを目的とするものであり、いかなる証券についての投資勧誘行為又はその他の類似行為を行うためのものではありません。

KPIの状況

  • 注1)

    Scope2の集計対象範囲のうち、電気使用量はNRIグループ全体、冷気・蒸気・温熱はNRIグループのうち本社が国内にあるもの。

  • 注2)

    KPIの進捗については、EY新日本有限責任監査法人による限定的保証を取得。

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn