フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ 価値共創 証券・金融業界の持続的発展に向けた取り組み(第3回)

証券・金融業界の持続的発展に向けた取り組み(第3回)

オンライン会議から生み出される、新たな価値共創

証券・金融業界にはNRIのお客様が多くいます。アフターコロナを見据えて、サステナブルな金融市場を実現するためにできることを、お客様と共に考えたい。そのような思いで実施した、全国のお客様とアフターコロナの対面証券業務を共に創り上げていく活動を紹介します。

コロナ禍における証券業界の今後を、企業の枠を超えて考える

証券ソリューション事業本部は、2020年7月に証券会社ラウンドテーブルミーティングをオンラインで開催しました。本企画の趣旨に賛同いただいたSTARユーザー7社とZoom会議で、「コロナ禍の緊急事態宣言下における証券業務運営」をテーマに、意見交換しました。
今回は3回に分け座談会形式で開催し、緊急事態宣言解除後の2020年7月9日に西日本の地場証券のエース証券と光証券、7月29日に東日本の地場証券の極東証券と明和證券と山和証券、7月31日には東西の地銀系証券の八十二証券とひろぎん証券から、主にシステム担当の部長クラスの方にご参加いただきました。

【写真】7月9日の開催の様子(左)会議室から参加するNRIメンバー(右)上からエース証券南氏、光証券扶川氏

お客様と共に考えることで見いだせる、証券業界が直面する課題を解決に導く糸口

今回は2020年4月から5月にかけて発出された新型コロナウイルスの感染拡大を防止するための緊急事態宣言下において、各証券会社がどのように業務継続したのかを議題として、現状理解からお客さまの苦労や課題を把握し今後の証券業務をどのように運営していくかなどを話し合いました。
お客様からは「デジタルを最大限活用しても注文業務や書面に関する業務が残り、現状ではオンラインですべての業務を完結するのは難しい」「投資家に対して、WEB会議の活用などの営業スタイル変革が必要になると考えている」といった、今回のコロナ禍で発現した課題が上がりました。また、「口座開設や受発注業務の新たなソリューション化」「WEB画面で投資家に営業できるようなソリューション」など、お客様、NRI側双方からデジタルを活用した解決策も多く提案され、活発な意見交換が行われました。
今後も同様の取り組みを広げることで、お客様と一体となった新たな価値探索の契機としていきます。

【写真】(左)7月29日の開催の様子(右)7月31日の開催の様子

アフターコロナの社会では、証券・金融業界の経営にとって厳しい環境が続くことが見込まれます。しかし、そうした環境下だからこそ、NRIは、お客様とともに証券業界の新しい価値創造に取り組み、業界全体の将来を見据えた構造改革を加速させていく必要性を強く感じています。持続的成長と持続可能な未来社会づくりのため、NRIは価値共創活動を続けていきます。

x (x)