フリーワード検索


タグ検索

  • 注目キーワード
    業種
    目的・課題
    専門家
    国・地域

NRI トップ ナレッジ・インサイト 刊行物 金融ITフォーカス 金融ITフォーカス一覧 金融ITフォーカス 2019年10月号

金融ITフォーカス 2019年10月号

  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。

発行時期 : 毎月5日発行(原則)
誌型   : A4版・16ページ(通常)

メールマガジン『NRI金融ITイノベーション通信』をご希望の方は、以下のボタンからご登録ください。

メールマガジンを申し込む

  • 金融市場

    ナロー・バンクの可能性

    金融イノベーション研究部 上級研究員

    竹端 克利

    「ナロー・バンク論」といえば、これまでは金融システムやマクロ経済の安定確保といった文脈で議論されることが多かった。今後は、こういった「予防的」な文脈だけでなく、キャッシュレスや決済を軸としたイノベーションの促進など、より「前向き」な文脈においてこそ、「ナロー・バンク論」が検討される価値が高いと考えられる。

  • アセットマネジメント

    確定拠出年金(DC)と確定給付型年金(DB)の運用コスト比較

    金融イノベーション研究部 上級研究員

    金子 久

    年金の専門家の間で確定拠出年金(DC)は確定給付型年金(DB)に比べ運用コストが高いと言われてきた。しかし、「加入者本位の追求を求める政策」がDC向け専用インデックス投信のコストを抑制した結果、インデックス運用に関する限り、DCはDBと遜色ないコストになりつつある。

  • アセットマネジメント

    英国における投信の流動性リスク管理をめぐる議論

    金融イノベーション研究部 契約研究員

    國見 和史

    英国では今年6月、有力株式投信が流動性の問題から解約停止に追い込まれ、オープンエンド型投信の流動性リスク管理規制への関心が高まった。規制監督を担うFCAがファンドの解約停止が投資家保護に果たす意義を強調する一方、金融安定性を監視するBOEはファンドの流動性ミスマッチそのものを警戒しており、両機関で行う共同調査の行方が注目される。

  • リテールビジネス

    日本の金融機関特有の問題を解決する顧客ロイヤルティ測定指標

    金融DXビジネスデザイン部 上級研究員

    田中 達雄

    「顧客本位の業務運営」の確立と定着には、顧客ロイヤルティ指標の測定が必要となるが、デファクトスタンダードとしてよく知られるNPSだけでは、日本の金融機関特有の問題を解決できない。NPSに限らず、日本の金融機関の顧客ロイヤルティを測定するのに相応しい指標を用意すべきである。

  • 中国金融市場

    中国における銀行の理財子会社設立と資産管理業界の行方

    金融イノベーション研究部 上席研究員

    神宮 健

    資産管理業界の正常化が本格的に始まってから1年半が経過した。この間シャドーバンキングは抑制されたが、暗黙の元本保証の解消は道半ばである。ここにきて大手銀行の理財子会社が開業したことで、新たな競争・協力を通じて資産管理業界の正常化が進むことが期待される。

  • 数理の窓

    プログラムの再帰的意味論

    外園 康智

    プログラム文字列の実行結果やその過程について、数学的構造で表すことを「プログラム意味論」と呼ぶ。実行前に、その結果の収まる範囲を予測したり、与えられた2つのプログラムが本質的に同じものかを判定するなど、プログラムの性質や効率性の検証を目的としている。

発行形式

発行時期
毎月5日発行(原則)
誌型
A4版・16ページ(通常)
購読形態
販売はしておりません。当サイトよりご覧ください。

お問い合わせ先

『金融ITフォーカス』編集事務局
 E-mail:focus@nri.co.jp