ITソリューションフロンティア

NRIの最新のシステムソリューションや先端IT情報を発信

システムのプロが、業務経験・ノウハウをふまえて、最新のシステムソリューションや先端IT情報を発信している月刊誌です。
皆様のご意見・ご要望をお待ちしております。

    発行時期 : 2017年度より隔月発行
    誌型   : A4変形版・20ページ(通常)

一括ダウンロード (3.16MB)

最新刊

(2017年7月20日発行) 2017年8月号 Vol.34 No.06

視点

本格的なデジタルマーケティングの時代へ(642KB)

  • NRIデジタル
    雨宮 正和
特集
失敗しないデジタルマーケティング

ソリューション導入の課題と成功の鍵
─前提となるマーケティング戦略の十分な検討─
(979KB)

  • NRIデジタル
    青山 慎

デジタルデータやデジタルコミュニケーションを活用した取り組みが急ピッチで進んでいる。しかし、単にソリューションを導入するにとどまり、事業拡大に資する「ビジネスIT」の効果が上がっていないケースが多く見られる。本稿では、ビジネスITの代表格であるデジタルマーケティングの全体像を概説するとともに、その課題や取り組みのポイントについて考察する。

効果の高いデータ活用の在り方
─自社ビジネスの特徴を仮説検証で発見するために─
(922KB)

  • NRIデジタル
    山崎 朋広

社内外のデータを収集・分析し、最適な施策を導き出すDMP(Data Management Platform)が注目されるなか、活用方針が曖昧なままデータの収集やツールの導入を進め、期待した効果が得られないでいる企業は少なくない。本稿では、デジタルマーケティングにおけるデータ活用はどうあるべきか、組織の問題も含めて考察する。

トピックス

知財マネジメントの新たな領域
─ビジネスアナリティクスにおける知財戦略─
(904KB)

  • システムコンサルティング事業本部
    安 伸樹

データ分析を未来予測に生かそうというビジネスアナリティクスが活発化するにつれて、競争力の源泉としてのデータや分析結果を積極的に知的財産として保護するための知財マネジメントの検討も進められている。本稿では、ビジネスアナリティクスにおける知財マネジメントはどうあるべきか、IT部門の役割も含めて考察する。

サプライチェーン・リデザインの勧め
─設計系SCMを用いた構造的な問題の解決─
(1.05MB)

  • システムコンサルティング事業本部
    中川 宏之

サプライチェーンマネジメント(以下、SCM)の領域で、今“設計系”と呼ばれるソリューション(以下、設計系)の導入が進んでいる。日本企業はこの領域で欧米企業に後れを取っていたが、設計系をうまく活用することによりサプライチェーンの構造的な問題を解決し、収益を生み出す企業体質へと変わることが期待される。

IT部門における働き方改革
─なぜIT部門が全社展開先導の役割を果たせるのか─
(532KB)

  • 金融ソリューション事業本部付上席
    田實 成郎

働き方改革が本格的にスタートしている。企業のIT部門も例外ではなく、介護・育児と仕事の両立、長時間労働の是正は特に大きなテーマである。解決すべき課題や優先順位を明確にした後、それに合わせて制度を変更し、RPA(Robotic Process Automation)なども含めたITの活用が成果につながる。鍵となるITを専門とするIT部門こそ、全社の先駆けともなり得る。

“共創”が生む新たなビジネス価値
─日本航空の「どこかにマイル」開発プロジェクト─
(828KB)

  • サービス・産業ソリューション事業本部
    新井 朗

変化の時代には、既存の価値観を打ち破る画期的なサービスが生まれる。日本航空(JAL)の「どこかにマイル」はそうした新しいサービスの1つで、アイデアを具体化する企画段階からシステムの開発に至るJAL と野村総合研究所(NRI)の“共創”によって生まれた。本稿では、このプロジェクトの紹介を通じてイノベーションのポイントを考察する。

デジタル時代の消費者情報管理(569KB)

  • NRIセキュアテクノロジーズ
    柏木 希美

企業のデジタルによる変化はとどまるところがない。しかし、企業は消費者のデータを活用する攻めのマーケティング戦略を進めるだけでなく、不正アクセスや情報漏えいなどのリスクに備えた守りの戦略も忘れてはいけない。本稿では、企業が消費者のデータを適切に管理し、ビジネスに活用するための「アイデンティティ管理」について、必要な要件と実現のポイントを紹介する。

本文はPDFファイルで収録しております。ご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

バックナンバー

1999年から現在までのバックナンバーをご覧いただけます。

バックナンバー

発行形式

発行時期 2017年度より隔月発行
誌型 A4変形版・20ページ(通常)
購読形態 販売はしておりません。当サイトよりご覧ください。

※当サイト及びそのコンテンツに関する著作権は、特段の記載がない限り、株式会社野村総合研究所に帰属します。